07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

DMC-GH3の機能的デザインについて。 

Morning Dew
(camera: panasonic LUMIX DMC-GH3 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

オリンパスからE-P5、パナソニックからDMC-G6という、ミラーレス機のファンとして非常に喜ばしいボディが発表されました。E-P5とG6のいったい何が喜ばしいのかということを書く前に、その準備段階としてDMC-GH3のデザインの機能性について考えてみたいと思います。少々まどろっこしい展開で申し訳ありませんが、話の流れとして必要なことになりますので・・・

わたしがDMC-GH3の発表を初めて見た時に感じたのは、デザインの傾向が変わったということです。それは単に見た目が変わったということではなく、機能性を追求したデザインになったという意味になります。では、GH3のどこからそういう印象を感じたのか。一般的にカメラの顔は前面ですが、操作に必要な部分は主に上面と後面ですので、まずは上面から見て行きましょう。
GH3上面

前機種のGH2から明らかに変わったのはまずWB,ISO,露出補正のボタンが加わったことですが、これは全て絵作りに関連したボタンであり、一般的な使用頻度を考えた並び順になっています。また、ISOボタンには触っただけで識別できるように小さなポッチがついています。この並びは一段高くして手探りのみで識別できるようになっています。シャッターボタン周りは人差し指の第一関節がちょうど収まるようなくぼみがついています。後ろ側のコマンドダイアルはGH2まではサムレストの右側が高い形状だったので左右同じような感覚で回しにくかったのですが、角の出っ張りを抑えてダイアルの左右を同じ形状にしています。電源レバーはG/GHシリーズ共通ですがレバーであり、電源が入っているかどうかを目で確認しなくても操作ができる位置に置かれています。また、上から見ると後面の上側がなだらかな斜面になっているのがわかりますが、その形状の理由については後述します。次は後面です。
20130306.jpg

この画像からはわかりにくいのですが、右手親指を置く場所はさきほど上面で確認していただいたようになだらかな斜面になっており、親指を置きやすくすると同時に親指の延長線上にスムーズにモードダイアルが来るようになっています。さらにフォーカスモードレバー・AEロックボタンや録画ボタンやコマンドダイアルへの親指の動きを考えた配置になっています。つまり後面の右上側は右手親指を静的にも動的にも人間工学的に意識したデザインになっているのです。グリップの形状は若干下側がふくらんだカーブになっていますが、これはグリップを握った時の手のひらの形を意識しているのでしょう。その形状のため、握った感じは非常にフィットしたものになります。
もう一つ画像からはわかりにくいものとして、十字キーの周りの右側のラバーの切欠きが絶妙なものになっています。右手親指の腹で押さなれないようにしつつもダイアルを操作しやすいように、切欠き部分のラバーがダイアルの盛り上がっている部分がギリギリ出るか出ないかという高さになっているのです。ここの立体的デザインは是非実物を手にして確認していただきたいところです。

細かいところを挙げていくとキリがないのでこのあたりで終了させていただきますが、要はグリッピングや指の置き方や指の動きに関してまでかなり考えぬかれたデザインになっているということです。このような道具として非常に細やかな部分まで考慮した機能的デザインはそれまでのマイクロフォーサーズ機にはほとんどみられませんでした。ここで挙げたようなことは一眼レフではある程度当たり前であって一眼レフで機能的に目を疑うようなデザインはほとんどないのですが、ミラーレス機はメーカーからもユーザーからも趣味性の高いものや単に携帯性のみを追求したものとして捉えられることが多く、真剣に写真機としての機能性を考えたデザインは非常に少なかったように思います。そういう傾向がようやく変わってきたのは非常に喜ばしいことだと考えています。

さらに喜ばしいのは、フラッグシップであるGH3だけでなくDMC-G6やE-P5にもそういう方向性を見出すことができることです。それについては機会があればまた別の記事で考察してみたいと思います。

「道具の美しさ」とは何かと考えた場合、それは見た目だけの問題ではなく、実際に使ってみてその操作感に美しさを感じるかどうかということの方が重要なポイントだと思っています。美しさとは目で見て感じるものだけではなく、手や指が感じるものもあるでしょう。つまりは機能美です。そういう意味においてGH3はとても美しいカメラだと思いますし、こういう美しさを持ったカメラがもっと増えてくれれば良いなと願っています。

Posted on 2013/05/15 Wed. 10:15 [edit]

thread: デジカメ

janre 写真

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

コメント

なるほど~

GH3には期待したほど惹かれませんでしたが、G6悪く無いです。
現在G5を使ってますが、不満もない代わりおもしろみもなくて使い続けるモチベーションに欠けます。
G6はライカSL風でデザイン的魅力がありますし、ますます操作性が磨かれたみたいで値ごろになれば欲しいカメラの一つです。

monopod #nLnvUwLc | URL
05/15 21:13 | edit

monopodさん、コメントありがとうございます。
GH3をしばらく使ってみた感触としては、GH3のデザインの魅力は外観的なものよりも手で握った時にわかるといった感じです。手で味わうデザインとでもいいましょうか。
パナソニックのカメラがそういう次元まで来たのは驚きとともに嬉しい誤算でありました。G6も画像で見る限りはそういう世界観を共有していそうな雰囲気ですね。良い時代になりました。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
05/15 21:27 | edit

成る程ぉ使うにこだわると美しいデザインになるという事ですね。
パナソニックさん本気でカメラメーカーさんを追い抜く気になったのでしょうかね。
昔車メーカーの中で「ユニバーサルデザイン」って流行りましたが…

魔王 #OeoVMgF2 | URL
05/16 07:06 | edit

魔王さん、コメントありがとうございます。
GH3やG6のデザインはこういった道具としての細部への配慮においてはすでに老舗カメラメーカーのボディも追い抜いている部分が多々あると思います。というよりはミラーレスではまじめにデザインしていないボディが多すぎるのですが・・・

leopard gecko #EBUSheBA | URL
05/16 08:24 | edit

おっしゃる通りですね。

ただ、GH3の機能的デザインは、この大きさだから実現できたとも言えますね。
GH2の大きさで同じデザインをしても、多分、同等に使いやすくはならなかったでしょう。
GH3の各種コントロールのボタンなりダイヤルなりの使いやすさは、まずグリップがしっかり握れるという前提で成り立っていると思います。
これはおっしゃる通り、実際に手にしてみないと分からない事ですね。

思い返せば、初めてGH3の御姿が明らかになった時は、嬉しさよりも、これはもう手の届かない価格帯に逝ってしまったかと、そんな心配をするほど、GH2とは格の違う雰囲気が漂って見えました。
実際、かなり高価になったのに、何とか手の届く価格帯に留まってくれたからと、すぐに手を伸ばしてしまいました。(笑)

ところで、今回のお写真、面白い構図ですね。
画面中央の水玉は、画面中央にあるのに、構図のバランス的にはそう感じさせないと言うか、言葉で表現しようとすると妙な言い回しになってしまいますが、ファインダーを覗いて(背面モニターを見て?)サッとこういう風に切り取れるのがセンスというものでしょうね。

Tersol #HfMzn2gY | URL
05/16 22:33 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通りで、GH3のデザインは大きさも含めて計算されたものだと思います。わたしが従来のG/GHシリーズで不満に思っていたことの一つとして、単に一眼レフを小さくしただけのようなデザインだったということがあります。カメラの機能的に最適な形は大きさによって違うと思っておりますので。

今回の写真は水滴だけにフォーカスするのは表現として少々浅くなってしまうかなと思い、葉っぱの表面の質感を隠れた第2の主題として考えました。故に、水滴の位置はちょっとだけ右側に寄っています。もっと言えば、露出は水滴に合わせていますが、AFポイントは葉っぱの表面なのです。その辺でも水滴が中央のようでいてそうでもなさそうなバランスに感じられるのかもしれません。
こういったAFポイントの微調整で十字キーを多用しているのですが、GH3ではISOやWBのボタンが独立したので十字キーを心置きなくAFポイント移動専用にできるのが良いですね。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
05/17 07:59 | edit

ゲッコー師匠ご無沙汰です。
毎日気温の変化があって今年の梅雨は何かおかしい気がしますが
如何がお過ごしでしょうか
さてパナソニックからG6Hがでましたけどもしかしたらゲッコー師匠の求めていたのはこちらではなかったでしょうか?!
機能、性能的にはGH3には及びませんが形とか性能をみるとこちらかなって
気がしますが如何でしょうか

何となくライカに似ているのは気のせいでしょうか〔笑)

魔王 #OeoVMgF2 | URL
07/03 05:29 | edit

Re: タイトルなし

魔王さん、コメントありがとうございます。
G6は良さそうな感じですよね。
わたしのニーズから考えるとサイズはG6が良いのですが操作性はGH3が良く、どちらが良いとも言い切れない感じです。GH3は最近よく使っている12-35mmとのバランスも良いので、G6に買い換えるほどでもないかなあといったところです。
贅沢を言えば、G6のサイズと重量とGH3の操作性とボディ内手ぶれ補正を兼ねそろえたボディが出てくれれば完璧なのですが。G6かGH3の後継機のどちらかがそういう路線になるか、オリンパスからそういうボディが出ることを期待しております。

G6はおっしゃる通りにライカRに似ていると思います。ライカと提携しているパナソニックのことですから、たぶんわざとでしょう。

leopard gecko #- | URL
07/03 10:08 | edit

ゲッコー師匠こんばんは
やはり機能的な面、操作的な面を取るとGH3に軍杯があがる訳ですねぇ
確かにボディ内手振れ補正が、Panasonicから出たらと何度も願っているのですが中々出て来ないですね^^;
やはりOLYMPUSとの兼ね合いが有るのでしょうかね!?
OLYMPUSは、自分の中でPENを何とかしたいというのが有るのか
中々デザインに思い切った事をしてこないのが残念でなりません^^;
もっと冒険をしても良いかと思うのですがいつまでも過去の栄光に囚われているのがちょっとって感じがします。
その点Panasonicにはそれがないのかなってまぁいつまでもカメラの形に囚われないモノを出して欲しいと願うのは可笑しいのかなって^^;
今は当たり前のようになったスマホもiPhoneが変えてくたように(笑)
ダメですかね^^;

魔王 #P3SVZWb. | URL
07/04 21:54 | edit

魔王さん、コメントありがとうございます。
わたしもオリンパスはちょっと懐古趣味すぎるような気がします。懐古趣味自体は悪いことではないと思うのですが、上級機もそういうものしかないのはちょっと寂しいなあと。
近々オリンパスからフラッグシップモデルが発表されるという噂もありますので、今度こそ写真機として本気のボディが出るのではないかと期待しています。

iPhoneのように概念を根底から変えるようなカメラが出てくると面白いと思いますが、今のところ既存のメーカーからはそういうものは出てきそうもない雰囲気ですね。ミラーレスカメラという概念を生み出したマイクロフォーサーズ勢にそういうものを作って欲しいところですが。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
07/05 13:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/59-11bdfac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。