04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Panasonic Lumix DMC-GH3を入手した。 

Long-headed Poppy
(camera: panasonic LUMIX DMC-GH3 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

今回の記事はかなり個人的な内容なので、興味がない方は適当にスルーしていただければ幸いです。
マイクロフォーサーズ登場時から愛用してきたDMC-G1がついに壊れてしまったので、否応なしにカメラを買い換える必要に迫られました。お散歩マクロ写真を撮るにあたって自分にとって最も適したカメラは何なのか考えに考えた結果、DMC-GH3を選びました。
DMC-GH3を選ぶにあたり、自分にとってのメリット・デメリットをいろいろと考えました。

<メリット>
・優れた操作性。ダイレクトに操作できるボタンやダイアルが多く、細かい調整が必要なマクロ写真を撮るにあたってGH3の操作性は大きな利点となる。ほとんどの操作が右手だけで効率良く行えるように考え抜かれたボタン配置が見事。ボタンが多いので十字キーを使ったダイレクトフォーカス移動が躊躇なく設定できる。
・EVFとフリーアングル背面モニター。EVFは手振れ対策になる上に、撮影した画像を姿勢を崩さずに撮った直後に確認できるのが非常に大きなメリットになる。フリーアングル背面モニターはネイチャーフォトを撮るにあたって好きなアングルで撮れることと足場が確保できない場所でも手を伸ばしたりして撮ることができるのが大きな利点。背面モニターの表示はかなり綺麗。
・マイクロフォーサーズとしては優れた高感度。フィールドでのマクロ撮影は条件が厳しい場合が多く、高感度が使えるのは撮影の幅が広がる。
・防塵防滴。過信は禁物であろうが、ネイチャーフォトでは多少の悪天候でも使えるのは撮影の幅が広がる。
・電子シャッター。まだ試し撮りをした段階だが、神経質な生き物を撮ったりするときには無音の電子シャッターは便利に使えそうな感じ。シャッターショックがないのも良い。
・全体的なカッチリ感。マグネシウムボディを採用しているだけあって、がっしりとした道具としての信頼感のようなものが感じられる。一眼レフならばエントリークラスの大きさなのに中級クラスのがっしり感があるのが面白い。

<デメリット>
・大きく重いボディ。大きさはともかくとして、重さが問題。持ち運びの際に重いのも困るのだが、姿勢的に苦しいアングルで長時間構えたり場合によっては片手でカメラを持ったりすることすらあるわたしにとってはGH3は少々重い。また、持ち歩きの際にGH3+マクロエルマリートではブラブラして邪魔になる感がさらに悪くなる。
・再生ボタンの位置。個人的にはこれがGH3の最大の欠点とも思えるのだが、再生ボタンを押すためには左手を離さなければならない。カメラを構えたままEVFで撮影画像を確認できるメリットが相殺されてしまう。(ただし撮影直後の画像を確認するだけなら撮影後のプレビューをホールドに設定すれば再生ボタンを押す必要はない)
・コマンドダイアルをプッシュして機能を切り替えることができなくなった。DMC-G1では構えを崩さずに同じダイアルで絞り操作と露出補正をシームレスに行えるのは結構便利だった。が、これは慣れの問題だろう。
・GHシリーズの特徴の一つだったマルチアスペクトがなくなった。個人的にはここも大きながっかりポイントで、GHシリーズを手に入れたら超広角を16:9で撮るのを楽しみにしていたのだがその夢は潰えてしまった。
・ISOが200スタート、シャッタースピードが1/4000秒。絞り開放付近を多用するわたしとしては、ISOは100始まりかシャッターは1/8000秒まで欲しかった。スペックダウンしたわけではないが、ハイスペックを名乗るのであれば1/8000秒はあっても良かったのでは。

<メリットともデメリットともなりうる微妙な点>
・EVFの性能。ファインダー倍率がやや小さくなったのと綺麗に見ることができるポイントが狭いのが少々苦しい。が、ポイントの狭さに関しては慣れで何とかなりそうなレベルか。有機ELの見え味や解像感はさすがに素晴らしく、時代による進歩を感じる。
・グリップの形状。普通にアイレベルでホールドするにはこのグリップは素晴らしい。サイズも形状も絶妙。が、フリーアングル液晶を活かして目から離してホールドする際には大きなグリップはむしろ持ちにくくなってしまう。どちらが良いとか悪いとかではなく、何を重視するのかという問題。
・プロも使う優れた動画機能。これは普通に考えれば立派なメリットなのだが、動画に関してはまるっきり素人のわたしにとってはGH3が持つ最高クラスの動画性能は猫に小判であまりにももったいない。(動画も撮れるようになれという天の声かもしれない?)
・シャッターボタンの感触。クリック感や重さをどうするのかは非常に微妙な問題で、ヒエラルキーと立ち位置が確立されている一眼レフとは違ってミラーレスでは正解はないと思う。が、GH3は明らかに玄人向けをアピールしてるのだから、ハイエンドとしてクリック感のないシャッターボタンを採用しても良かったのではあるまいか。AEロックボタンを親指AFとして使いシャッターボタンは半押しでレリーズする設定にする手もあるのだが、ダイレクトフォーカス移動している時には親指AFが動作しないなど細かな使い勝手に問題がある。

いろいろと挙げてみましたが、デメリットで挙げた点はGH3がハイエンド的な雰囲気を前面に出してきたためについ厳しめに見てしまいがちになるので重箱の隅をつつくようなものになっています。今のところ、わたしにとっては全体としては満足度の高いカメラです。
また、デメリットを減らすために工夫の余地はまだいろいろとありそうです。例えば持ち歩きの際にブラブラさせないためにスリングバッグb-grip EVO カメラベルトホルダーのようなものを使う、EVFの的確なポイントを素早く覗けるように練習をする、目から離したライブビュー撮影でのホールドを工夫し練習する、などなど。

頑張ってマイクロフォーサーズのフラッグシップたる本機を使いこなせるようになりたいと思います。せっかく動画性能も高いカメラを手に入れたので、いずれは動画もやってみたいなとも思いつつ・・・

Posted on 2013/04/16 Tue. 13:28 [edit]

thread: デジカメ

janre 写真

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

コメント

なるほど~

詳細なレビューありがとうございます。
私見としては、それなりに力作と思いますが、ハイエンドと言いつつ、マルチアスペクトがなくなったり、1/8000がないとか、EVFや操作性など微妙にスペックダウン?していたりで、ちょっとがっかりですかね。期待していたのですが。
何より我が神戸では、なんと実機を見ることも触ることもできません。見たけりゃ大阪まで行けとのことorz
本業のしわ寄せがカメラ事業にも来ているのかな?
ちょっとこのところのパナには元気というか、やる気を感じられませんので、しばらく様子見です。

monopod #nLnvUwLc | URL
04/18 13:38 | edit

monopodさん、コメントありがとうございます。
GH3は最高性能の動画機能を追求しているのが静止画カメラとしての足を引っ張っている面があるのではないかと考えています。動画機能をほどほどにしておけば1/8000秒シャッターやマルチアスペクト対応センサーを載せる余裕を持たせられたのではないかなと。
個人的な希望として、GHシリーズを二つに分けて動画機能を追求したものと静止画機能を追求したものをそれぞれ出してくれれば良いのではないかと思っています。
今のパナソニックにはそこまで手を広げる余裕はないのかもしれませんが・・・

いろいろ文句も書いたのですが、今のところ総合点としては満足度はけっこう高いです。今回は触れませんでしたが12-35mmとの組み合わせは今までのシステムと比べるとドキッとするくらい綺麗に写ります。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
04/18 13:52 | edit

師匠お待ちしておりました。
いよいよGETされたのですね。
レビューはもちろんの事ですが
師匠が撮るマクロの世界を楽しみにしております。
また欲しくなっちゃうかなマイクロフォーサーズ機が(笑)

魔王 #OeoVMgF2 | URL
04/19 07:10 | edit

魔王さん、コメントありがとうございます。
わたしが初代マイクロフォーサーズ機のG1を入手してからミラーレスの世界はずいぶん変わりましたが、いまだにオールラウンドに使うことを想定した本格派のミラーレス機がGH3しかないというのは由々しき事態だと思っております。
マイクロフォーサーズはもちろんのこと、他マウントのメーカーにも頑張ってもらってお互いに切磋琢磨してほしいなと願っています。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
04/19 08:28 | edit

GH3はセンサーがOM-Dと同じソニー製なのが、痛しかゆしといいますか・・・。
マルチアスペクトじゃなくなったのが残念ですね。
ですが、操作性の点では現状のM4/3では一番なのでしょう。
オリンパスもOM-Dの上位モデルをきちんと出してほしいですね。

私はM4/3の未来は少し危ういのでは?と最近思い始めました。
富士のミラーレスの出来が良すぎなのと、高級コンパクトデジカメのセンサーが大型化してきていることが理由です。

aru #- | URL
04/19 13:35 | edit

aruさん、コメントありがとうございます。
m4/3の未来に関しては個人的にはあまり心配していません。m4/3(特にパナソニック)がミラーレスで目指している方向性は他のメーカーとは明らかに異なるからです。おそらく当分の間はGH3のような一眼レフ的なオールラウンドの世界観で勝負するようなミラーレス機を他マウントのメーカーが出すことはないでしょう。
例えば富士フイルムが出しているミラーレスからはレンジファインダーカメラ的な世界観が透けて見えます。望遠系のレンズはなく、マクロレンズも等倍マクロではありません。マクロから超望遠まで幅広い範囲をカバーするシステムとしては考えていないのでしょう。そこがオールラウンドプレーヤーであるGH3を頂点としたm4/3システムと大きく異なる点だと思います。

大型センサーの高級コンパクトは単焦点が好きな人には良い選択肢だと思いますが、これも汎用性を考えるとm4/3の代替にはならないと考えています。高級コンパクトと一眼レフのシステムを持ち歩くくらいなら、ミラーレスのシステムで一本化した方が効率は良いのではないかなと。

個人的にはマウントそのものにこだわるつもりもありませんので、他マウントでm4/3を凌駕するシステムが出てくれば乗り換えもありだと思っています。が、個人的に期待していたキヤノンもソニーもわたしが望むようなシステムを出してくれそうにありませんので当分はm4/3ユーザーであり続けるのかなと思っています。
わたしがミラーレスに求めているのは、超広角〜超望遠〜マクロまでオールラウンドにこなせるコンパクトなシステムです。今のところ、その期待にちゃんと応えてくれているのはm4/3しかないんですね。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
04/19 13:53 | edit

GH3ご購入、おめでとうございます!

自分はGH2(も使い続けますが)から移行して数ヶ月、やっとGH3の操作系に手が慣れてきて、撮れる画も想像がつくようになってきた感じです。
おっしゃるように再生ボタンの位置は面倒に感じますね。
自分も撮影後のプレビューをホールドに設定しています。

動画を重視しない人からすれば、確かに72Mbps/ALL-Iや50Mbps/IPBよりも1/8000秒の方が欲しかったでしょうね。
ところで、ISOが200からになっている点については、撮像素子には設計上、固有の基礎感度というものがあるそうで、それがGH3のセンサーの場合は200ということですから、それはそれで仕方ないかなと、自分は特に問題にしていません。
一眼カメラで動画を撮るとなればNDフィルターを使うのは当然という頭になってしまっているのもあります。

GH3ならではの新機能などもありますが、何を撮っても感じるのは、やはりセンサーの違い、階調表現の優秀さです。
特に人物(人肌)を撮るとGH2との違いは歴然です。
噂のポートレートレンズ、42.5mm/F1.2が待ち遠しいです。
もっとも、おいそれとは手を出しにくい価格になるであろうことは想像に難くない所ですが。(^^;)

Tersol #HfMzn2gY | URL
04/19 19:33 | edit

動画の世界へのお誘い

動画なら虫がピクッと動いただけで面白い。
草木が風にそよぐだけで風情が醸し出されます。
自分は持っていませんが、最近流行のスライダーという機材にカメラを載せて視点が動いていくだけで面白いですね。

https://vimeo.com/25452283

自分はこのVimeoというサイトで色々と勉強させてもらいました。
以前はそもそも「Color Grading(グレーディング)」なんて言葉すら知りませんでしたから。
Philip Bloomという御仁の作品群を見て「DOFアダプター」や「Magic Bullet Looks」に手を出した人は、自分も含めて数多かったと思います。

http://vimeo.com/793648

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=9196040/#9521726

DOFアダプターって本当に色々と面倒くさかったんですよ。
あの大仰な装備から軽量コンパクトなGH2への移行は衝撃的でした。
装備の肥大化は極力避けたいものですが、GH3は充分に許容範囲内です。(^^)

Tersol #HfMzn2gY | URL
04/19 19:39 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、まず試し撮りをしてみた時にGH3のセンサーの素性の良さには驚きました。12-35mmのおかげでもあるのかもしれませんが、これは今までとは次元が違うなと。
ISOは200からでも良いのですが、それならその代わりに1/8000が欲しかったなーと思っております。ピーカンで絞り開放付近だとISO200スタートで1/4000はちょっと厳しいものがありますし、お散歩写真でフィルターをつけたりはずしたりするのはあまり現実的ではないんですよね・・・

動画には以前から興味があるのですが、昆虫の動画を撮るとなるとさらに機材が増えてしまうので躊躇しています。小型でしっかりした三脚くらいなら持ち歩いても良いかなとは考え始めておりますが・・・

GH3にはいろいろと文句も書いてしまいましたが、今のところ重さ以外は非常に気に入っております。自分がもともとm4/3ユーザーであることを差し引いて考えても、わたしにとってベストに最も近いボディだと思っています。
その重さの問題も持ち運びの工夫で何とかなりそうな目処もついてきましたし、頑張って使いこなせるようになりたいと願っています。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
04/19 20:06 | edit

E-P5、ISO100と1/8000秒

オリンパスの新しいE-P5がISO100と1/8000秒を引っさげて登場して来たことは、自分にとってはさして気になる所ではないのですが、まさにこちらでレオパルド・ゲッコーさんが指摘していた点だけに、思わず注目してしまいました。

動画重視の自分から見て羨ましく思えるのは手ブレ補正機能とピーキング表示機能ぐらいで、GH3の50Mbps/IPBと72Mbps/ALL-Iの方に圧倒的な意義を感じますが、あるいはレオパルド・ゲッコーさんはGH3を買ったのは「早まってしまったか」と考えておられるかも知れないですね。

自分としてはPEN路線がウケてしまって以降のオリンパスは「何か違うんだよなぁ」という気がしています。
その意味でルミックスGの「女流一眼」路線がウケなかったのは幸いでした。(^^)

Tersol #HfMzn2gY | URL
05/11 19:14 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
E-P5の発表はわたしにとって非常に嬉しいニュースでした。

わたしはEVF常用で外付けストロボを頻用しますのでE-P5も含めてPENシリーズは初めから購入対象にはならないのですが、今回1/8000秒シャッターを採用したり外付けEVFのファインダー倍率を上げてきたりしたことは、オリンパスがついに一眼レフに遠慮することを止めてミラーレスに本腰を入れる覚悟を決めたサインだと解釈しました。また、今回ようやく操作系を考えたデザインにしてきました。

ということは、E-M5の後継機または上級機は1/8000秒とISO100とフルサイズ並のファインダー倍率を持つ本当の全部入りボディになるはずです。わたしがE-M5で心底がっかりした操作系を無視したデザインでもなくなるでしょう。フリーアングルモニターも採用されるかもしれません。それこそがわたしが何年も待ち続けてきたボディになるだろうと思います。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
05/11 19:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/57-529c13d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。