07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Panasonic Lumix DMC-GH3について。 

Longhorn beetle
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)
注:写真と本文は関係ありません。

世の中には様々なカメラがあります。コンパクトデジタルカメラ、一眼レフ、携帯についているカメラ、トイカメラ、などなど。それぞれのカメラにはそれぞれに求められる機能や存在意義があり、写真を撮るという行為に多種多様の存在意義を与えます。

その中においてレンズ交換式カメラシステムに求められる機能は、まずは写真をある程度気合を入れて撮ることだろうと思います。とりあえず写っていれば良いという程度なら携帯やコンデジで良いですし、楽しく撮りたいだけならトイカメラでも良いわけです。そうではなくてあえて大きく重く高価で面倒くさいレンズ交換式カメラを使う理由があるのならば、きれいな写真(技術的にある程度整った写真)を撮りたいという意図があるのだろうと思います。

さらにその中でも徹底して真剣に撮りたい場合もあれば、ある程度カジュアルに撮りたい場合もあるでしょう。ミラーレスカメラはどちらかというと後者寄りのカメラとして考えられていることが多いだろうと思います。携帯性やスタイル重視、持っているだけで楽しいようなもの。それが多くのメーカーが考えるミラーレスカメラでしょう。それはつまり、真剣に撮りたい場合には別に一眼レフを使うという前提があるからです。写真を真剣に撮るということを考えた場合、あくまで一眼レフが主でミラーレスが従なのです。

ではその前提を崩すとどうなるのか。あくまで写真を真剣に撮るための道具に徹したミラーレスカメラがあっても良いのではないか。そういう発想で出てきたのが、今回パナソニックから発表されたDMC-GH3だろうと思います。この発想の萌芽はミラーレス第一号機であるDMC-G1の時にすでに垣間見えていました。カジュアルなエントリークラス向けのカメラとしては妙に一眼レフ寄りのデザインでしたし、ダイアルやレバーの数が多いのです。小さくて軽いけれども決して単なるエントリークラス向けのカメラではないという意図が透けて見えるようなカメラでした。

DMC-GH3は、そういう方向性の野心がついに結実したボディだろうと思います。このカメラの特徴は、驚くほど道具に徹したデザインです。前機種のGH2までには見られていた、カジュアルっぽい雰囲気も一応漂わせておくという擬態めいた戦略が今回では完全になくなりました。どこからどう見てもストイックな、写真を撮るための機械です。
ストイックなデザインであるばかりでなく、ボタンの配置なども非常によく考えられて洗練されたものになっています。例えばシャッターボタンの後ろにWB、ISO、露出補正ボタンが並んでいますが、これはいずれも絵作りに関係するボタンです。その他の機能は他のボタンやダイアルに任せて他の場所に配置してあります。
リアダイアル周囲の形状、フォーカスレバーの位置、動画ボタンの位置。いずれもなるほどそう来たかと唸るようなものになっています。

大変失礼ながら、あのパナソニックがここまで機能的に洗練されたボディのカメラを出すのは個人的には非常に驚きでした。今までのボディは頑張りや意図はわかるけれどもどこか微妙に残念なところがあるのが定番でしたが、GH3にはほとんど隙らしい隙が見当たりません。ひたすらストイックに写真を撮るための道具であることを追求しています。一眼レフでは当たり前だった世界観がミラーレスの世界にもようやく来たといったところでしょうか。

これは非常に良い傾向だと考えています。ミラーレスカメラも写真を撮るためのシリアスな道具でありうる時代がやってきたのです。

Posted on 2012/09/21 Fri. 15:41 [edit]

thread: デジカメ

janre 写真

tag: ひとりごと  マイクロフォーサーズ  カメラ 

コメント

ふむふむ

パナもここへ来て技術の成熟化とともに、カメラ作りがぐっとうまくなってきましたね。
同じフォーマットを採用するオリンパスより、不器用な分、真面目なものづくりに好感が持てます。
決しておしゃれなカメラではありませんが、初代G1を長らく愛用した僕には発売が待ち遠しいです。
レンズも充実してきましたし、いろいろ楽しみですが、ストロボがよぉわからんです。ワイヤレスでコマンドモードが使いたいのですが。
さすが二強はプロ御用達もあってストロボ関連は充実してますし、使い勝手も良かったです。

monopod #mQop/nM. | URL
09/21 22:54 | edit

GH3買います!

お久しぶりです。
GH2ユーザーの自分としても待ちに待ったGH3です。
まず間違いなく(多分、予約注文して)買います。

きっとレオパルド・ゲッコーさんもフライングでYouTubeにアップロードされたCM映像をご覧になったかと思いますが、自分は正直ぶったまげました。
GH2を使いながらPanasonicには様々な要望を伝えてきてはいたのですが、6割がた実現すれば御の字かな、などと思っていたら、想像を超えたシロモノ(特にIPBの50MbpsとALL-Iの72Mbpsでの動画記録)が出てきましたので。
価格的にも手を出しづらい領域に行ってしまったかと心配しましたが、何とか手の届きそうな価格帯に留まってくれそうです。
X 12-35mm/F2.8ズームはGH3のキットレンズになるという噂を信じて買わずにきたので、是非お得なセット価格設定を期待したいものです。(^^)

ところで、レオパルド・ゲッコーさんはオリンパスの60mm/F2.8マクロレンズをどうご覧になりますか?
自分はLEICA 45mm/F2.8マクロに充分満足しているので、買い足す事はまず無いと思いますが、サンプルを見る限り、かなり良さげな感じですね。
写真では大柄なレンズに見えがちですが、確かに少々長めではあるものの、LEICA 45mm/F2.8より細くて軽いんですよね。
しかも価格も控えめで、このレンズが出たらLEICA 45mm/F2.8マクロは売れにくくなってしまうだろうなと思います。
でも、マクロ写真を(というか、とにかく対象に寄って)撮りたいと思っている人は多いようなので、手の出しやすいマクロレンズがマイクロ4/3ラインナップに加わってくれるのは喜ばしい事ですね。
Panasonicも返す刀で42.5mm/F1.2なんて発表してくれて、面白い展開です。(^^)

Tersol #HfMzn2gY | URL
09/22 16:30 | edit

monopodさん、コメントありがとうございます。
本文にも書きましたが、突然こんなバリバリに実用派のデザインで出してきたのでかなり驚きました。キヤノンからデザイナーを引っ張ってきたのではないかと疑ったくらいです(笑)。
が、よく見るとヒエラルキーをかなり意識しているキヤノンのカメラより理想主義みたいな方向性も見えてきますので、これはこれでパナソニックのm4/3らしいカメラなのかもしれません。

ストロボはパナソニックのグローバルサイト(?)を見ると、GH3でついにワイヤレスに対応するようです。ワイヤレス用の新ストロボも出るみたいですね。そのストロボはさらにLEDライトで動画用途も考えられているようです。
この辺りからもパナソニックの本気度が垣間見える感じですね。

leopard gecko #p4G/89sk | URL
09/22 21:51 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
わたしがそのCM動画で一番驚いたのは、昆虫写真のところで心の師と仰ぐ海野和男先生が出ておられたことです。水場での超低位置でのショットがいかにも海野先生らしく、またそういうシチュエーションでも普通に使えるんだというパナソニックの自信も感じられました。

60mm/F2.8マクロに関しては、わたしは基本的に手持ちなのでパナソニックのボディだと手ぶれ補正が使えないのが最大のネックです。マクロ領域では手ぶれ補正は効果が落ちると言われますが、ファインダー像を安定させられるという大きなメリットがありますので・・・。ボディがオリンパスだったら60mm/F2.8を使うと思います。虫撮りには焦点距離は長めの方がワーキングディスタンスがとれるので使いやすいのです。
正直言いますと、GH3みたいなボディをオリンパスから出して欲しいと何年も待っていたのです。言うなればE-5のm4/3版みたいなものですね。OM-Dが残念ながらそういうものではなかったので、次に買うのはGH3になりそうです。

leopard gecko #p4G/89sk | URL
09/22 22:05 | edit

待っていました師匠^^
と出ましたねぇGH3
まだ現物を見ていないから師匠が言われた辺りを念入りに
見てみようかと思っています。

今回はやはり他のメーカーが先に出していますから
その辺の事も十分に意識して出してきたのでしょうかねぇ

キャノンがちょっと前に発表しましたが未だ発売はされていない
状況です。ただキャノンのはAPS-C機ですからねえ
しかもEFレンズを使って下さいみたいな感じ(苦笑)
かなり酷評ですよね。
自分は良いと思うのですが、真剣にミラーレスの分野に入って
くる気がキャノンには無いのかなぁって思いますね。

師匠手元にもぉお持ちなんですよねぇ
次回はその操作感などをお願いしますね。

楽しみにまっていますw

魔王 #- | URL
09/23 09:08 | edit

> パナソニックのボディだと手ぶれ補正が使えないのが最大のネック

なるほど、そうでしたね。
パナソニックとオリンパスの間では必ず手ブレ補正の問題がありますね。
LEICA 45mm/F2.8マクロで等倍に撮影するには撮像素子から15cm、オリンパスの60mm/F2.8マクロでは19cm。
確かに生きた昆虫相手では4cmの差は意味がありますね。

> 心の師と仰ぐ海野和男先生

レオパルド・ゲッコーさんの作風からして、スティープ・ジョブズ氏に対する思い入れというのは意外でも何でもなかったのですが、海野和男氏を師と仰いでいたとは、ちょっと意外でした。
レオパルド・ゲッコーさんの作風は昆虫を撮っても、どこかしら都会的な洗練を感じさせ、そこがApple製品にも相通じる所と思っていましたが、海野和男氏の作風は、より昆虫の生活感を感じさせるのと、あと、彼独特のユーモアのセンスも感じますね。
自分としてもパナソニックが発売前のGH3をいちはやく海野和男氏に使ってもらったというのは驚きでした。

とにかく「女流一眼」の頃とは隔世の感があります。
「女流一眼」路線が当たらなくて本当に良かった。(^^)

Tersol #HfMzn2gY | URL
09/23 22:02 | edit

魔王さん、コメントありがとうございます。
キヤノンがミラーレスに参入する時は真剣に取り組むと腹をくくってからだろうと予想していたのですが、見事に外れました。
キヤノンの本気のミラーレスを見てみたいのですが、その希望は当分叶えられそうにありません。

GH3は実際に手に入れるかどうかはわたしの中では微妙なところで、大きさと重さがネックになっています。お散歩マクロ用としてはやっぱりちょっと大きいんですよね。グリップの出っ張りもライブビュー撮影の時にはちょっと大きすぎるなあと。
理想のカメラに出会うのはなかなか難しいですね。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
09/24 09:50 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、わたしはAppleから非常に大きな影響を受けています。特に近年の細部まで計算されつくしたシンプル路線には唸るばかりです。

虫の写真に関しては、昆虫を専門に撮られる方々とは根本的な考え方やアプローチが違うのでどうしても違った写真になってしまうのだろうと思います。わたしの中では虫も花も動物も無機物も撮影対象として全て同列のモデルなのです。いわゆる「昆虫写真」として見れば邪道のものだろうと思います。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
09/24 10:19 | edit

ゲッコー師匠こんばんは
いよいよ来月GH3の販売ですね。
某大型カメラ店にコーナーが新設されていたのでもぉ出る?って調べたら12月の中旬なんですね。
どぉりでカタログも無い筈です^^;

バッテリーグリップも付いて何だか今までの路線とは師匠が仰る通り違うんですね。
何だか一度は手放してしまったマイクロフォーサーズがまた恋しくなって来ちゃいました(苦笑)

サイズから言うと師匠が使いたいっていう感じではなさそうですね仰る通り(苦笑)

でも使ってみたいですよ。
自分は(笑)

魔王 #OeoVMgF2 | URL
11/09 17:54 | edit

魔王さん、コメントありがとうございます。
以前は一眼レフを持ち歩いていたこともあったのですが、小さく軽いカメラがいかに便利であるかを知ってしまってからは大きく重いカメラを買うのをどうしても躊躇してしまいます。
GH3は中級機〜上級機として見れば小さく軽いですが、わたしの基準から見るとやっぱりちょっと大きく重そうなんですよね。あとは実物を手にしてから考えてみたいと思いますが・・・

leopard gecko #EBUSheBA | URL
11/11 14:48 | edit

9/22の予告通り、GH3買いました。(^^)

価格.comのクチコミ掲示板に写真付きで
色々と書き込んでますが、GH3買いました。(^^)

GH2はコンパクト過ぎるくらいでしたので、
GH3が少々大きくなっても気にならないだろうと思っていましたが、
実際に手にした大きさと重量感は、想像以上に違いました。

GH2はレオパルド・ゲッコーさん流に言う「お散歩カメラ」として
普段から携帯できるサイズだと(自分は)思いますが、GH3はもう、
明確に撮影目的を持った上で持ち出すカメラという感じです。
ただ、いざ撮影段階になれば、グリップ感は良いですし、
操作感は・・・、まだまだ慣れが必要なようです。(^^;)

レオパルド・ゲッコーさんにお薦めできる点があるとすれば、
有機ELのファインダーと背面モニターはいかがでしょうか。
今時100万画素クラスが一般的な液晶モニターと比べると
「たった」61万画素ですが、有機ELならではのコントラストと
応答速度というのでしょうか、表示遅滞の無さが利点です。
勿論、これだけのためにGH3を買う人もいないでしょうけれど、
価格.comのクチコミ掲示板に池上富士夫さんが書いておられる
タッチパッドAFはレオパルド・ゲッコーさんも唸るのではないかと。
GH3の動画機能を削って二回りぐらい軽量コンパクトになったら
きっとレオパルド・ゲッコーさんも手に入れたくなるでしょう。

G1で素晴らしい写真を撮ってこられたレオパルド・ゲッコーさんが
いつか買い替えるに値すると判断することになるカメラとは
一体どんなカメラになるのか、楽しみです。

Tersol #HfMzn2gY | URL
12/16 22:00 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
ご購入おめでとうございます!
わたしもGH3には興味津々なのですが、なかなか実物を見に行く機会を作れません。
わたしが考えている理想のお散歩マクロ用カメラとしてはおそらくちょっと大きく重すぎるだろうなとは思うのですが、例えば20mm/F1.7をつけてぶら下げれていれば許容範囲程度かもしれないなとも想像しています。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
12/18 13:24 | edit

レオパルド・ゲッコーさん、ありがとうございます。

GH3は手に入れたばかりで、まだまだ全然使えていません。
より多機能・高性能なはずの新しい道具を手に入れても、
手に馴染んだ古い道具の方が使い勝手が良いです。(^^)

GH2でGH3のブツ撮りをしていて、ふとGH3で何かしてみようと
手に取るのですが、例えばWBやISO感度の設定ボタンの位置など、
GH3の方がデザインとして理に適っていて使いやすいはずなのに、
まだまだ慣れているGH2の方が全然使いやすいんですね。(^^;)
ボタンの感触とか操作手順とか、身に染み付いているものです。

それに、GH2は二年間使って来て、どういう撮り方をしたら
どういう絵が出て来るか、だいたい想像がつくようになっていますが、
GH3は付属の12-35mm/F2.8ズームも含めて、まだまだ全然です。

勿論、同じPanasonicのカメラですから、他メーカーのカメラほどは
違わないはずですが、それでも「違うものだなぁ」と実感しています。
あらためて二年の間にGH2の使い勝手や
画質に慣れていたんだなと思います。

ところで、GH3は発売日までの価格拘束が、かつてないほど
厳しかったそうなので、今後どんどん安くなっていくと思います。

「お散歩カメラ」として使えるかどうかは、
GH3がGH2と同等以上に手に馴染んできて、
撮れる絵が想像できるようになったら、多少の大きさと
重さの増加よりも、GH3ならではの利点を選ぶかもですね。
早く「GH3じゃなきゃ」と思えるぐらいに慣れたいものです。(^^)

Tersol #HfMzn2gY | URL
12/18 19:57 | edit

ゲッコー師匠新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
今年宜しくお願いいたします。
GH3触ってきましたよゲッコー師匠がいうように
かなり大きいですねぇでも今までのとは
違いかなり本気出作っているように感じました。
ゲッコー師匠はどう感じましたか?

魔王 #OeoVMgF2 | URL
01/01 09:27 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。 お返事遅れて済みません。
個人的なお散歩マクロ用としては言うなればG5とGH3の中間的なものが望ましいのですが、さすがにこれ以上ラインナップを増やすことはないでしょうからどこかで妥協しなければならないだろうなと覚悟はしております。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
01/07 10:48 | edit

魔王さん、コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
いろいろありまして、まだ実物を触りに行けていません。操作感などは実物をいじってみないとわからないので早く触ってみたいのですが・・・

leopard gecko #EBUSheBA | URL
01/07 10:51 | edit

GH3をちょくちょく使いながら、良いと思う所を幾つか

まず有機ELが良いです。
巷ではファインダーの像が歪んで見えると不満の声が上がっているようですが、自分はさほど気になりません。
多分、内部の有機ELパネルが小さくて、接眼部のレンズで無理な拡大をしているのかなと思わないでもないですが、そんな事より、液晶とは違う、さすが有機ELという黒の沈み込みの方が自分には有り難い(心地よい)です。
GH2を使っていて、そんなに黒浮きを気にしていたわけでもないのですが、GH3からGH2に取り替えてファインダーを覗き込んだら、何だか霞んでいるように見えて、レンズが汚れているのかと勘違いしてしまったほどに違います。
GH2のファインダーでも日中はそれほど気になりませんが、実はフラッシュ(FL360L)を買いまして、それで暗い所で使っていたら、あらためて有機ELの良さを実感した次第です。
背面のモニターの方も同様で、やはり液晶と有機ELの違いでしょう。
46万画素から61万画素に増えただけとは思えないぐらい、全然違います。

また、上述の通り、GH3に合わせて出された新型フラッシュ、FL360Lを買いました。
これまで自分は積極的にフラッシュを使う方ではなかったのですが、FL360LはGH3との組み合わせでワイヤレス発光が出来るということで、飛びつきました。
そもそもフラッシュを積極的に使わなかったのは、直射するか、せいぜいバウンスするぐらいしか出来なかったからです。
それ以上のことを可能にするための出費が躊躇われたからですが、カメラとフラッシュだけでワイヤレス発光が出来るとなれば話は違います。
価格.comのFL360Lのクチコミ板に(二十枚以上の写真付きで)第一印象を書きましたので、興味があれば、ご覧下さい。

有機ELもフラッシュのワイヤレス発光も(LUMIXでは)GH3だけの特権です。
大きく、重くなったことは事実で、確かに持ち出す時には多少意識しますが、一旦手に取ってしまえば、しっかりグリップを握れることの恩恵の方が大きいと感じています。
動画を抜きにしても、やはりGH3にする意義は小さくないと思います。
後は買い時を見定めるだけではないでしょうか。
いよいよ価格も下がり始めたようですね。(^^)

Tersol #HfMzn2gY | URL
01/15 21:27 | edit

Tersolさん、コメントありがとうございます。
詳細なレポートをありがとうございます。非常に参考になります。
ストロボはFL-36Rを使っているのですが、これはサイズはちょうど良いのですがチャージが遅かったり電池の持ちが悪かったりとフィールドでの使い勝手が悪いので、いずれFL360Lに買い換えようと思っております。
GH3はようやく店頭で触って来ましたが思っていたよりも大きくは感じず、EVFや背面液晶も好印象でした。ちょっとコマンドダイアルが回しにくいかなと思いましたが、この程度なら慣れの問題かなとも感じました。
わたしは冬に写真はほとんど撮らないので今すぐ買う必要もありませんので、今年出るであろうオリンパスの新型がどんなものかを見た上で決めようかなと考えております。

leopard gecko #EBUSheBA | URL
01/18 16:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/56-74c51f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【Panasonic Lumix DMC-】

(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)注:写真と本文は関係ありませ

まっとめBLOG速報 | 2012/11/21 19:52

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。