05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

ゆるきり。 

Woodsorrel
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

表題の「ゆるきり」という言葉は、キヤノンがPowerShot G7というハイエンドコンデジを開発するに当たって創りだした造語です。
キヤノンいわく、「大人のためのデジタルカメラでありながら、あまりがっちりとしたマニアック性ではなくどこかゆるいところがある感じ」とのことですが、実際にはもうちょっと深みのある概念のようです。

マイクロフォーサーズを使っているのになぜキヤノンの話題が出てくるかと言いますと、この言葉がお散歩写真を撮るにあたって非常に使える概念だからです。

PowerShot G7はそれ以前のいかにもハイエンドといった佇まいの大仰なデザインを大幅に見直し、削れるものは出来る限り削ってすっきりとしたデザインで出なおしたハイエンドコンデジでした。フラッグシップであることに過剰にこだわらずに、気軽に持ち歩ける、しかしある程度気合を入れて撮影することができるカメラとして作られたのです。これはマイクロフォーサーズに共通するものがあります。

そして、この「ゆるきり」という概念は撮影そのものにも流用することができます。ゆるゆるとした気持ちで持ち歩いて、撮る時はきりっと撮る。大きなカメラバッグやら三脚やらを持ち歩いていると、撮っている時以外でも常に撮影機材を意識しなければなりません。しかし、小さなシステムであれば、歩いている時はカメラの存在をほとんど意識しないでぶらぶらとして、「あ、撮りたいな」と思ったらカメラを握って撮影モードに気持ちをビシッと切り替えるという「ゆるきり」な撮り方ができるようになります。

「ゆるきり」の気持ちを持つことによって得られるもの。それは、例えば常に気持ちが撮影モードであれば目にも留まらないような足元のものにも気持ちがいくようになることでしょう。
何でも入る撮影バッグにフラッグシップクラスの一眼レフと大砲レンズを何本も詰め込んでがっしりした三脚をかついで「さあ撮りに行くぞ」という気合が入っている状態であれば、その辺の道ばたで雑草と言われるような草花を撮る気持ちにはなかなかなれません。でも、そうやって撮影スポットにいそいそと出かける人の足元では小さな可憐な花がひっそりと咲いているのです。

肩の力を抜いて小さなカメラをひょいと肩に引っ掛けてぶらぶら歩く。ふと目を足元に落とすと、コンクリートの割れ目に小さな花が咲いている。誰もそんなものに目も留めない。下手をすると踏まれてしまうかもしれない。踏んだことにすら気がつかない。でも、この小ぶりなカメラとレンズがあれば、「自分は独りここに頑張って咲いているんだ!」という花の気持ちを世界にむけて知らせてあげることができるかもしれない。
それがわたしが考える「ゆるきり写真術」です。

Posted on 2011/08/04 Thu. 12:13 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  ゆるきり 

コメント

No title

ゆるきり   何とも意味のある言葉なんですね。
ゆる~くきりって(笑)
確かにここ最近のマイクロフォーサーズを筆頭に小さな高性能カメラの到来をキャノンは知っていたのかもしれないですね。

未だにこのカテゴリに参入してこないキャノンが怖いですね。

もしかしたらパワーショット系で
凄いゆるきりカメラを出してくるのかも(笑)

maou2929 #79D/WHSg | URL
08/04 20:09 | edit

No title

魔王さん、コメントありがとうございます。
デジタル時代にはっきりとこういう概念を打ち出したのはキヤノンの功績で、その後ニコンやパナソニックも似たような路線のカメラを出してきました。マイクロフォーサーズにも影響を与えたかもしれません。

もったいないと思うのは、キヤノンはせっかくこういう画期的な概念を打ち出しておきながらその可能性を広げられなかったことですね。パナソニック、オリンパス、ソニー、ペンタックスといったメーカーがそれを受け継いでそれぞれのやり方で一歩進んだ方向に向かっているのは好ましいことですが。

キヤノンは非常に高いポテンシャルを持ったメーカーですから、おっしゃるとおりに凄いゆるきりカメラを出して欲しいですね。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/04 21:51 | edit

No title

> 何でも入る撮影バッグにフラッグシップクラスの一眼レフと大砲レンズを何本も詰め込んでがっしりした三脚をかついで「さあ撮りに行くぞ」という気合が入っている状態であれば、その辺の道ばたで雑草と言われるような草花を撮る気持ちにはなかなかなれません。

いや〜、思い当たりますね〜(苦笑)
GH2を買う前も被写界深度の浅いボケ味を活かした動画が撮りたくてDOFアダプターと呼ばれる器具を使っていたのですが装備が大仰になってしまって、しまいには「道ばたの雑草を撮る気持ち」どころか撮影に出かけること自体が億劫になってしまいました。(^^;)
価格.comのクチコミ板で書き込み番号「9521726」で検索してみてください。
(下のURLは添付画像のみ)

http://bbs.kakaku.com/bbs/20200510357/SortID=9196040/ImageID=299304/

それと比べるとGH2+パンケーキレンズの手軽さは嘘みたいです。(^^)

Tersol #79D/WHSg | URL
08/04 22:00 | edit

No title

Tersolさん、コメントありがとうございます。
そういうのは誰もが一度は通る道なのかもですね。
実のところは以前のわたしもバッテリーグリップをつけたEOSとLレンズをかついで秋の鎌倉に紅葉を撮りに行くようなクチでしたから。でもある時、「あ、これは何かが違うな」と思ったんです。これは本当に自分がやりたいことではなくて、どこかで見たお手本通りに辿っているだけじゃないかと。

その後いろいろやってみて、わたしが撮りたい写真を撮るためには片手にポンと乗せられるくらいのサイズのカメラで十分、というよりはむしろそういうカメラがわたしに必要なものだということがわかりました。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/04 22:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/42-95631175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。