07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

写真の批評について。 

Sakura
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

「写真の批評をしてほしい」と言われた場合、どういうわけかその多くは「どこがダメなのか教えて欲しい」という意味であるようです。また、批評を行う側も、「ここがダメ、あれがダメ」という指摘をすることが多いようです。
ダメなところを指摘すること自体は別に悪いことでも何でもありませんが、それだけで終わってしまって良いのだろうか、といつも思います。

あれがダメ、これもダメ、と良くないところをどんどん直していって、最後に残るのはどういう写真なのでしょうか。
とてもきれいで非の打ち所が無い教科書的で優等生的な、それでいて個性もアクも感じられない、感心はできるが感動はできない写真ではないでしょうか。

欠点を指摘するのは簡単です。多少の知識と経験があれば誰にでもできることだからです。
しかしながら、いったい何に感動してどうやったらその感動を表現することができるのか、そういうことは欠点をつぶしていくだけでは得ることができないだろうと思います。

例えば、「水平が出ていないからダメ」というのは簡単です。ちょっとでも写真をかじったことがあれば誰にでも言えることです。
しかしながら、水平をきちんと出すことがその写真にとってどういう意味があるのか、本当に水平が出ていたほうが良いのか、少しばかり傾いていたほうが作画意図を的確に出せるのではないか、そういうところまで考えた上で「水平を出すべき」と指摘しているのかどうか、そこが問題でしょう。
「横の線なのだから水平は出すべきだ」というような機械的な考え方では本当の向上は得られないだろうと思います。水平が出ていないからダメ、ではなく、その写真で表現したいものを出し切るために一番必要な角度は何か、と考えるべきだろうと思います。その答えは水平かもしれませんし、そうではないかもしれません。

本当の批評とはただダメ出しをするだけではなく、写真を撮るのと同じように「どうしたらもっと良くなるのか、魅力を引き出せるのか」というクリエイティブなスタンスで行うべきものだろうと思います。それは批評される側にとって有益であることはもちろん、批評する側にとっても自分を高めるためのイメージトレーニングに成り得るでしょう。
 

Posted on 2011/04/21 Thu. 17:47 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

コメント

No title

なるほど。
僕は人の作品で水平が出ていないのは全く気になりませんが、自分のはダメで弄って直したりします。これは生理的なものでしょうね(笑)

monopod #79D/WHSg | URL
04/21 23:51 | edit

No title

monopodさん、コメントありがとうございます。
わたしも実はどちらかというとむしろ水平にはこだわってしまうクチでして、今回の水平云々というのは自省のためにも書いています。

これはまた別の記事で書こうと思っているのですが、セオリーはセオリーとして押さえておく必要は当然あるのですが、そのセオリーに縛られてしまってはいけないだろうと思うのです。
言い方を変えれば、常識を超えないと一皮むけないとでも言うのでしょうか。その常識は始めから無視するべきものではなく、常識として確実に習得した後に意識的に乗り越えなければならない壁だろうと思っております。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/22 00:06 | edit

No title

はじめまして。sacra-fragolaと申します。
monopodさんのところから飛んできました。
初めて拝見させて頂きました。すばらしいお写真ばかりですね!
お写真もさることながら、コメントに共感を覚えました。
ちょくちょくお邪魔させて頂いてよろしいでしょうか?

sacra-fragola #79D/WHSg | URL
04/22 00:48 | edit

No title

sacra-fragolaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
sacra-fragolaさんのお写真も拝見させていただきましたが、相当なベテランの方とお見受けしました。わたしの素人丸出しの写真を見ていただきありがとうございます。
もちろんいつでもおいでいただくのは大歓迎ですので、よろしくお願い致します。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/22 01:09 | edit

No title

どうもありがとうございます。
>相当なベテランの方とお見受けしました。
 いえいえ、デジタル写真などは昨年10月くらいに始めた
 ような、ド素人です。日々勉強中です。
では、リンク頂いて帰ります。

sacra-fragola #79D/WHSg | URL
04/22 01:30 | edit

No title

sacra-fragolaさん、コメントありがとうございます。
こちらもリンクさせて頂きました。よろしくお願いします。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/22 12:38 | edit

No title

他人の写真を評価するということは、
それがそのまま自分への問いになって返ってくるので、
上達の為には良い機会なのかもしれませんね。
批評した後に、言った言葉を振り返って落ち込んでみたり…(笑)

smalltown #79D/WHSg | URL
04/22 17:21 | edit

No title

smalltownさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりだと思います。
人が撮った写真をじっくり吟味するという作業は、自分が撮った写真を吟味するよりもむしろ得るものがあるかもしれません。仮にそれが自分より技量や経験が明らかに低いと思われるものであっても、自分にはない何かキラリと光るものがあるのであれば必ずプラスになると思います。

>批評した後に、言った言葉を振り返って落ち込んでみたり…

これもありますよね。
稚拙な批評をしてしまうということは、それはそのまま自分の技量の低さを露呈してしまうことになりますので・・・(^^;

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/22 22:39 | edit

No title

おはようございます。
写真をとるときの気になる点は、お作法的な部分と、芸術的な部分化と思います。写真雑誌とかでプロの方が言われている事の多くがお作法的な部分です。写真を始めた頃のみなさんもお作法を気にされますよね。ご多分にもれず私もそうでした。要は、習字を習ったときに注意を受けたり、絵を習いにったときに注意を受けたりと一緒でやはり初心者にはお作法が気になるのかと。しかしながら、何が美しくて、それが多くの人の感覚とどの程度合致していて、再構築可能かなどの芸術的探求に至る人は少ないのかと思います。そこまで行くと写真はレジャーとしては楽しめなくなりますからね。などと、とりとめもないことでごめんなさい。

kodamatic #79D/WHSg | URL
04/23 07:10 | edit

No title

おはようございますw
魔王でございます。

成る程ぉ評価する側も色々と大変なんですねぇ
理論的な事を求める者もいればそううではない視点から
指摘を受けたいという人もいるんでしょうね。

水平か最近やっと基本的な事を考えるようになった
魔王でした(汗)

debuman2929s #79D/WHSg | URL
04/24 08:03 | edit

No title

kodamaticさん、コメントありがとうございます。
お作法も大事なことだとは思うのですが、お作法さえ守っていればそれで良いみたいなことになってしまうと個人的にはあまり面白くないなあと思うのです。
たぶん習字でも絵でもそうだと思うのですが、本来のお作法は自分の表現したいことを適切に出すためのテクニックとしてあるのだと思います。お作法を守ることが目的化してしまうとそれはちょっと違うのではないかなあと。
あくまでわたし自身の考えですが・・・

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/25 10:12 | edit

No title

魔王さん、コメントありがとうございます。
普通は何事もまず基本からということになると思うのですが、基本は後回しでもいいのではないかと思うようになった今日この頃です。
一番大切なのは情熱であって、技術とか知識は向上心があれば後からついてくると思うんですよね。型どおりにやろうとするあまりに元々の情熱を失うようなことがあっては本末転倒かなと。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/25 10:14 | edit

No title

お久しぶりです。
この桜の写真、やっぱりレオパルド・ゲッコーさんはさすがだなぁと改めて思いました。
桜の写真って一応自分も撮りにいきましたけど、こういう画って全く頭になかったです。
桜のイメージって何となく誰の頭にもある、あの満開の風景でしょう。

自分はどちらかといえば動画撮影目的で、桜吹雪のシーンを撮りにいきました。
(カメラを三脚にセットして、ひたすら風が吹くのを待っていました(^^;)
この写真のように日陰でしっとりとした感じの桜のイメージは無かったです。
実際にその日が晴れだったというのもありますが、そもそもこういうしっとりとした桜の画のイメージがはなっから頭に無かったです。

またこの露出とか被写界深度のもたらす立体感とかクールめの色合いの中にピンクがはかなく色っぽい感じとか、やっぱりRAW現像のテクニックもあるのでしょうか、絶妙ですね。

ところで水平に関して、自分は写真はともかく、動画に関しては水平がずれているのは見るに耐えないです。(これって多分、一般的に皆さんそうだと思います)

しばらく更新をお休みされていたので、ちょっと心配していましたが、再開されてホッとしました。

Tersol #79D/WHSg | URL
05/10 17:14 | edit

No title

Tersolさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
わたしが撮る対象は基本的に生きているものなので、寒い時期はどうしても休眠がちになってしまいます。ご心配おかけしました。

桜吹雪の動画は面白そうですね!わたしもそろそろ動画にチャレンジしようかと思っているのですが、なかなか踏みきる機会がありません。

こういう桜のイメージはわたしが好んで撮るものでして、梅などもよくこういうアプローチで撮っています。満開の桜ももちろん良いのですが、それはわたしなどよりももっときれいに撮れる人がたくさんいますからあえて自分で撮ることもないかなと。

水平のことを書いたのは、たまたまFlickrで見かけた海の写真で絶妙に水平線を傾けているものを目にしたのがきっかけです。きちんと水平を取れて構図を作るテクニックを持っている人だけが出せる、あえて傾けたときの絶妙のアンバランス感。わたしは動画のことはまったくわかりませんが、たぶん動画にもそういう世界があるのではないでしょうか。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
05/11 09:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/34-3d6274c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。