09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

たかが葉っぱ、されど葉っぱ。 

Morning Dew
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

「青い鳥」という童話があります。
皆さんご存知のように、二人の兄妹が幸せを求めて青い鳥をあちこちに探しに行くのですが、実は青い鳥は自分の家にいたという話です。

写真にも似たようなことが言えるのではないかと思います。

良い写真を撮るためにあちらこちらに出かけていく。珍しいものを撮ればなんだか面白い写真を撮ったような気持ちになれる。でも一見雰囲気があるように見えるけれどもよくよく見てみると被写体が珍しいだけで、純粋に写真として見ればどうもあまり面白くない。しかも何だかこの間見た写真雑誌に載っていた写真に似ているような気がする。自分で撮ったというよりは撮らされたみたいだ・・・
写真に少しでも凝ったことがある人なら、一度ならずもそんな経験があるのではないでしょうか。

そんな時、自分の足元に目を向けてみてはいかがでしょうか。
涼しくなってきた秋の朝、その辺にちょっと形の良い葉っぱが落ちている。よく見ると柔らかい光に包まれた朝露が光っていて何だか気持ちが良さそうだ。露だけじゃない、葉脈も美しい。横から撮ってみる。上から撮ってみる。露出をちょっとマイナス気味にしてみる。もっと絞ったほうがいいんじゃないだろうか。いいぞ、何だか面白くなってきた・・・

時にはこんな撮り方も良いのではないでしょうか。
青い鳥はわたしたちの足元にいるのかもしれません。

Posted on 2010/10/17 Sun. 22:10 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

コメント

No title

細かな葉脈まで全て細密に描写されているのにカリカリしてなくて味があります。
さすがですね!

shin #79D/WHSg | URL
10/17 23:30 | edit

No title

こんばんは。
おっしゃっていること、心に響きます。
自分自身、被写体の面白さや珍しさに頼り過ぎているフシがあります。良いヒントをいただきありがとうございます。

sato #79D/WHSg | URL
10/18 00:10 | edit

No title

shinさん、コメントありがとうございます。
やっぱり葉っぱとくれば葉脈ですよね〜。葉っぱは表側より裏側の方が好きです。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
10/18 00:54 | edit

No title

撮影には物見遊山的な楽しみも含まれているので、できる限りあちこち行ってみたいとは思っていますが、、
仰るようにそういう撮影行は撮っているのではなく撮らされているだけで、進歩とは縁遠いです(笑)
何でもマニュアルだった昔はそれだけでもスキルアップになったものですが。

monopod #79D/WHSg | URL
10/18 00:59 | edit

No title

satoさん、コメントありがとうございます。
デューラーという画家の言葉にこんなのがあります。
「画法を心得た熟達した美術家が、そうでない多くの者が大きな作品に示す以上に、その大きな力量と理論を、より劣った材料に描かれた粗野な農夫の形姿にも示すことができるのである」

デューラーの言う「画法を心得た熟達した美術家」に自分がなれるかどうかはわかりませんが、いつかはそういう境地に辿りつける日が来れば良いなという無謀な妄想を持ってボチボチやっております。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
10/18 01:11 | edit

No title

monopodさん、コメントありがとうございます。
わたしがこんなことを考えるようになったのは、観光地的なところで写真を撮っていて、後でそこの観光パンフレットを見たらほとんど同じような写真だったのでがっかりしたのがきっかけなんです。
商業プロを目指しているわけではないので、プロの劣化コピーみたいな写真を撮ってもあまり面白くないなあと。そういう定番の写真を撮るなら豊富な経験と知識と機材を持っているプロにかなうわけもありませんし。

そうは言っても初めて行くようなところや珍しいものを見ればやっぱり写真はたくさん撮ってしまいますけれど、そういうのはわたしの中ではいうなれば記念写真の一種であって、自分が撮りたい写真ではないんです。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
10/18 01:29 | edit

No title

こんばんは。葉っぱの写真美しいですね〜。ついこないだわたしも出張に出た時、張り切ってカメラを持って散歩したんですが、”これは記録か?”って写真しか撮れなくてがっくりしたところでしたので、うれしくなって?書き込みさせていただきました。遠くまで行くより、家からスーパーまで行く10分の道の方がよっぽど良いです。
ゲッコーさんのマクロ的な写真とてもすばらしいですが、マクロは「自分らしさ」を出すのがとても難しいと感じてます。(わたしは植物を主に撮っています)ゲッコーさんの撮り方or考え方のヒントがあれば教えていただけませんか?!

s.s #79D/WHSg | URL
10/20 00:52 | edit

No title

s.sさん、コメントありがとうございます。
わたしはマクロはむしろ自分らしさを出すのに向いている領域だと思います。なぜならば、マクロ写真は表現の幅が非常に広く、自分の好みを出しやすいものだからです。

例えばマクロでは自然光でものすごくぼかした写真からライティングを駆使してギチギチに絞った写真まで幅広く撮れます。また、マクロでは身の周りの被写体で肉眼では見ることの出来ない非日常的風景を撮ることが簡単にできます。マクロ写真では被写体を大写しにする場合が多いですから、自分の好みをはっきり表現することができます。

さらにマクロは自分の技術を確認するのにも向いています。ピントを狙ったところにきっちり合わせたりノイズを極力減らす撮り方をしたりというテクニックが他の撮り方よりも難しく重要になるからです。

逆に、スナップ写真などでは自分らしさを出すのは非常に難しいと思います。同じ場面では誰が撮っても似たような写真になりやすいからです。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
10/20 01:24 | edit

No title

ゲッコーさんありがとうございます!
わたしは茎や葉っぱが写るくらい全体を撮らないと、植物のラインや雰囲気が出しづらく感じていて、花びらや水滴の大写しなんかはどこかで見た感じになってしまってどうしたら良いかわからなかったのですけど、コメントを読ませていただいて、ゲッコーさんの落ち葉の写真を改めて見ると自分なりにピンとくるモノがありました。

s.s #79D/WHSg | URL
10/21 09:32 | edit

No title

s.sさん、コメントありがとうございます。
確かに花や水滴の大写しはあまり個性や主張を感じないものが多いですよね。
その理由としては、おそらく花や水滴をアップで撮ることだけで満足してしまって、何を表現したいのかを今一歩突き詰めていないからなのではないかと思います。

花や水滴を見て美しいと感じた時、いったいどこがどのように美しいのかということをある程度掘り下げて考える(「考える」というよりは「感じる」という方が適切な表現かもしれませんが)ことが大事だと思っています。
美しいのは色のグラデーションなのか、全体的なフォルムなのか、部分的な構造なのか、光や影の状況なのか、自分の心に聞いてみる。そして、自分なりのその答えを持てる限りの技術と知識と経験を総動員して表現することで、「自分が撮った写真」であることを明らかにできるのではないかと思います。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
10/21 10:57 | edit

No title

じっくり読ませていただきました。
まったくもって仰られるとおりだと思います。
遠くに行かなきゃ撮れない写真って、確かに被写体自身が珍しいだけなんですよね。
ずき〜〜んと心に響きました。ありがとうございました。

sma5004 #79D/WHSg | URL
10/21 14:14 | edit

No title

sma5004さん、コメントありがとうございます。
これは実はかなり難しい問題だと思っていまして、印象的な写真には何かしらの非日常的要素が必要だと思うのですが、珍しい被写体というのはそれだけでも非日常的要素になりますよね。それはそれで別に悪いことではないと思うのです。
ただ、その珍しさだけに頼ってしまってはまずいのではないか、撮影者が珍しさに舞い上がってしまってはいけないのではないか、というのがわたしの考えです。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
10/21 15:33 | edit

No title

ゲッコーさんおはようございますw
うんうんこの記事をじっくり読んで実感しました。
成る程ぉって納得してしまいましたよ。

デジタルだとバシャバシャ撮ってその中から一枚二枚気に入ったのが
有ればいいやという手法を撮っていますw
まぁフィルム経験が浅いからそんな感じで撮っていたのかも
知れませんけど(苦笑)

確かに有名な場所へ行けば綺麗なカットが撮れると想い込んで
いるのは事実かも知れないですw

撮りに行っているのでは無く撮らされている訳ですね^^;
いやぁ心にガツッんときました。

これからはじっくりと何を撮りたいのか何を表現したいのか
考えながら撮りたいと思いました^^

ゲッコーさんありがとうございました。

maou2929 #79D/WHSg | URL
10/31 08:25 | edit

No title

maou2929さん、コメントありがとうございます。
わたしもたくさん撮って一枚まあまあのものが撮れれば良いという感覚です。たくさん撮ることによってより完成度の高い写真が撮れると思っています。(たまーにちょっと撮っただけでそこそこ満足できることもありますが)
撮れた!と感じる時と撮らされていると感じる時は必ずしもはっきりとした違いがあるわけではなくて、上手く撮れたと思っても後から見ればやっぱり撮らされていたんだなあと思うこともありますし、撮らされたと思っても実はまあまあ自分のテイストが出せているのではないかと感じることもあります。
その辺りも写真の難しくかつ面白いところなのでしょうね。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
11/01 22:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/27-de1ff439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。