07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

選ぶ。 

Emergence #1
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 flash:FL-36R flash diffuser:Omni-Bounce)

写真をある程度真剣に撮っている人であれば、その人なりのこだわりを持っていることでしょう。
それは被写体の選び方、機材、撮影テクニック、画像処理などなど、多岐にわたるでしょう。一つ一つ語っていけばきりがないものだろうと思います。

個人的なこだわりのひとつに、「一回の撮影で人に見せる写真は一枚だけ選ぶ」というのがあります。何十枚、何百枚と撮ると、これはまあまあいけるんじゃないかと思える写真が複数残ることがありますが、そういう時でもその中から一枚だけ選ぶということです。
似たような写真を何枚も見せられても見ている方は退屈だろうという考慮もあるのですが、一番の目的は「自分の選択眼を養うため」ということになります。

わずかなアングルの違い、被写体の周りの空間の大きさやバランス、露出、光の当たり方や影の状態、ピント位置、被写界深度、ボケの量や質、などなど、パッと見はほとんど同じ写真でもよく見ると違いはたくさんあるものです。その中で最良の一枚を選ぶというのは非常に難しいことで、時には撮影自体よりも困難な作業となります。一枚一枚絞っていくたびに次の選択は難しくなっていき、最終的に残った二枚から最後の一枚を選ぶのは非常な葛藤と戦うことになります。

そういった葛藤と戦う際には、どちらの写真がどこがどのように良くてもう一方はどこがどのように良くないのかを真剣に考えざるを得ません。その「真剣に考える」というプロセスが重要なわけです。「写真は引き算である」とよく言われますが、その引き算に真剣に取り組むことによって自分なりの引き算のやり方(=選択眼)が洗練されていくだろうという考えです。

写真はいうなれば撮影者の視点を他の人と分かち合うものですが、選択眼を鍛えることは撮影者としての視点を鍛えることとほぼ同義となり写真のスキルアップに直接繋がる行為だと考えています。

こういうことをしていて思うのは、写真を撮るということは被写体に向けてシャッターを押すだけでなく、その前後でやるべきことが山のようにあるということです。そういった行為をすべて含めて「写真を撮る」という行為になるのでしょう。また、良い写真を撮るためにはその一連の行為すべてをそれぞれ鍛える必要があるのでしょう。道のりはまだまだ遠そうです。
 
OLYMPUS エレクトロニックフラッシュ FL-36ROLYMPUS エレクトロニックフラッシュ FL-36R

by G-Tools

Posted on 2010/08/28 Sat. 08:33 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

コメント

No title

成る程ぉですねぇ
撮る前段階でもぉ「撮る」という行為に入っている訳ですね。
自分なんかホントまだまだのまだまだですから(汗)
何枚も撮っては、多数アップしてしまうのです(苦笑)

一枚で説得出来るだけの力が無いから何枚も載せてしまう。
レオパルド ゲッコーさんのトコにお邪魔すると勉強になりますw

もっともっと勉強しないと駄目だなぁって思いますw

maou2929 #79D/WHSg | URL
08/29 02:19 | edit

No title

maou2929さん、コメントありがとうございます。
わたしが今回書いたのはあくまで一つの手法ですので、複数アップすることにももちろん意義はあると思います。例えば組写真であれば複数の組み合わせそのものに大きな意味がありますし、旅行記のようなものであれば写真一枚だけというのはありえないでしょう。表現方法に何らかの制限を加えるという考え方自体を好まない人もいるだろうと思います。
重要なのは手法そのものではなく、自分が何を目指しているのかを考えてその方向に向かえるように努力することなのだろうと考えています。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/30 10:29 | edit

No title

いやー耳が痛いですね。ゲッコーさんのおっしゃってることは120%理解してます。
でも、僕は最近諦めました。やっぱり最後は絞れません。
それで最近思いついた自分に対する言い訳は
プロの写真家は同じモデル(ここが重要(笑))の写真を何枚も提示してるじゃないか。
言い訳になってないか(笑)。

shin #79D/WHSg | URL
08/30 19:22 | edit

No title

こんにちは。
僕も写したカットから1枚だけ選ぶようにしています。
ただ、いつも数枚しか写しておらず選択に悩むほどのものが
ないと言うことです。
一つの被写体に対して もう少し撮影カットを増やそうと
最近思い始めました。
leopard_gck さんのブログ更新 楽しみにしています。

miyu-uni #79D/WHSg | URL
08/30 21:47 | edit

No title

shinさん、コメントありがとうございます。
わたしがこういう手法にこだわるのはわたしが絵画的なアプローチを好んでいるということと、一時Flickrにかなり凝っていたせいだと思います。
例えばレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画やミケランジェロの彫刻は一点物だからこそ価値があると思うんですよね。少しずつ表情を変えたモナリザとか少しずつポーズを変えたダビデ像などが左右に二つずつあったとしたら、作品の持つパワーが損なわれてしまうと思うのです。
また、Flickrは基本的に一枚の写真で勝負するもので、わざわざ似たような写真を複数見てくれるのはおなじみのcontactくらいです。あるgroupにポンと一枚の写真をアップしてコメント数を得るためには、その写真そのものに相当な力がないといけません。(今ではFlickrをそういう使い方をするのはやめましたけれども・・・)
その辺りから一枚の写真で勝負するという発想が出てきたのだと思います。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/30 21:57 | edit

No title

miyu-uniさん、コメントありがとうございます。
わたしのやり方は、ある程度自分が納得できるまで撮るという方法です。
ですから、一枚で納得できればそれでやめることもありますし、同じ被写体でほとんど同じような構図で何十枚と撮り続けることもあります。数百枚撮って全部ボツにすることもあります。
こういうやり方が良いのか悪いのかはわかりませんが・・・

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/30 22:03 | edit

No title

初めまして、sma5004と申します。
PIN@E-500さんのサイトから流れてまいりました。
マイクロフォーサーズで撮影されたとはとても信じがたい写真の数々を拝見し、すっかりファンになってしまいました。(^^)
リンクを頂戴してまいります。今後ともよろしくお願いします。m(^ ^)m

sma5004 #79D/WHSg | URL
09/01 11:23 | edit

No title

sma5004さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
わたしが撮っているような写真は、実のところはマイクロフォーサーズで撮るのが一番簡単だと思います。楽をしたくてマイクロフォーサーズを使っているようなものですので・・・(^^;
こちらもリンクさせていただきました。よろしくお願いします。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
09/01 14:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/23-24a2f82d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。