09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

作られた自然。 

Black & Red
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens: LUMIX G VARIO 45-200mm + Raynox DCR-150)

都市部で虫の写真を撮っていてひしひしと感じるのは、人間が作った都市空間というものは虫にとっては極めて厳しい環境であるということです。
虫に限らず、都市はある範囲の年齢の人間以外のあらゆる生物(人間の子供や年配の方なども含む)にとって厳しい環境ですが、特に虫にとってはつらいところだと思います。

きれいな花であれば花壇に植えてもらえますし、街路樹や公園に植えられた木などは大切にされています。しかしながら、そういった人工的に植えられた花や木を生活の場として暮らしていける虫の種類は限られます。
人間が雑草と呼ぶ足元に生えているような草にはたくさんの虫が生活しています。夏になると公園や川の土手などにエノコログサなどのいわゆる雑草が生えてきます。それと共にそれを食草とする虫も増えてきます。東京23区内でも場所によってはトノサマバッタや大きなショウリョウバッタなどにも出会えることがあります。

ところが、虫との素晴らしい出会いがあった場所に翌週行ってみると草がすっかり刈られていて虫が全滅しているということがよくあるのです。夜になると虫の美しい声を楽しませてくれた公園も、草を刈った日の夜から虫の音がパッタリと止んでしまうのです。
同様にカメムシが、ササグモが、シジミチョウが、ハムシが、あっという間にいなくなります。どこかに隠れているわけではなく、生活の場が完全に奪われてしまったので根こそぎ全滅してしまうのです。

雑草が一本たりともないほどに整備され美しい花が咲き乱れる公園、それは決して自然が豊かな公園とは呼べないと思います。
そういった人間の手が入りすぎた環境は生き物を限定利用した人工物とも言えるものであって、「自然」とは言えないでしょう。

このように公園は人工的であり続けていますが、近年は都市部の川には徐々に自然が戻ってきているようです。下水処理などが進んで水がきれいになってきており、魚やエビなどの水生生物が増え、それと共にそういったものを食べる水鳥なども増えているようです。自然で大切なのはこういった積み重ねによる多様性であって、単に花や木などのごく限定された生物を一定数置けば良いというものではないでしょう。

その辺の道ばたで虫の写真を撮りながら、虫を含めたあらゆる生き物と人間が普通に共存できる都市空間が実現される日が来れば良いなと願っています。

Posted on 2010/08/20 Fri. 16:10 [edit]

tag: ひとりごと  写真  自然 

コメント

No title

共生できる環境作りというのは時代の命題でしょうね。
里山なんて云うのは先人の知恵だったと思います。
再評価されつつあるのはいいことなんですが、超高齢化で人的資源が底を尽きつつあるのが辛いですね。

monopod #79D/WHSg | URL
08/20 23:28 | edit

No title

monopodさん、コメントありがとうございます。
今まで人間は自分自身のことしか考えずに、自分だけが快適に過ごすための空間を作ることしか頭になかったと思うんですよね。結局それは快適に暮らして行けるのは限られた年齢層の人間だけというとてもつまらない空間を作ることになってしまいました。
これからは人間だけでなくあらゆる動植物も一緒に快適に暮らしていける生活空間をどうやって作るのかを考える時代にしていくべきだろうと思っております。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/21 21:12 | edit

No title

自分もお盆休みに嫁さんの実家北国に帰るとオニヤンマなどが
平然と飛んでいるのを見て懐かしさを覚えました。
昔は横浜でも普通に見られた昆虫などがいなくなったと...

横浜でも30年前は、普通に糸トンボ(正式名称は不明)などが
居たのになぁって思いますよ。

作られた自然確かに見た目は綺麗ですけど
やはり昔の自然を知っている自分にとっては

開発をしていくのは確かに大切なのですけど
それと同時に自然の再生の事もしっかり考えていって
欲しいものですね。
都市部での猛暑はそのツケのような気がしますね。

maou2929 #79D/WHSg | URL
08/22 16:33 | edit

No title

maou2929さん、コメントありがとうございます。
今後はおそらく地方にも都市化が進んでいくのではないかと思います。わたしの実家も自然に富んだ場所ですが、徐々に生き物の数や種類が減ってきているように感じます。
自然の再生はこれからの時代に必要なものだと思います。地方にかろうじて残された自然に頼るのではなく、むしろ都市部から積極的に自然を再生していくという心構えがいる時代になるのではないかなと。
緑化といってもただ単に公園に同じような花や木を植えるだけで満足するのではなく、そこを生活の場とする生き物のことまで考えた緑化というのがあっても良いのではないかと考えております。(非常に限られた範囲のビオトープなどではなく、街全体などもっと広範囲の規模で考えるということです)

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/23 10:31 | edit

No title

いつも素晴らしい画像にほれぼれして見させていただいています。
お話の「限られたビオトープ・・・」でこんなのがありました。
東京近郊のある地域で地域住民と共に「トンボ池」をつくるプロジェクトが立ち上がり「トンボ博士」を招いてレクチュアーが始まりました。博士曰く、「皆さん本当にトンボの生命サイクルをこの池で実現したいのですネ・・いいですか、それは蚊や蝿のいる町づくりを目指すと言うことですヨ!」一同シ〜ンとなりました。そう、失った自然を取り戻すというのは、「雑草」や「害虫」という概念との戦いから始まるのでしょう。

nobrin-7 #79D/WHSg | URL
08/24 21:24 | edit

No title

nobrin-7さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
まったくもっておっしゃる通りだと思います。
雑草とか害虫という概念は人間が勝手に決めたものであって、人間にとって都合の良いごく限られたものだけ手厚く保護するという考え方が都市部の自然が壊滅した原因だと思います。
トンボ博士のお話はさすがに深みがありますね。池を作ればトンボだけどんどん増えるなどという都合の良い話があるはずがありません。トンボがいれば蚊もいるのが当たり前、さらにメダカやドジョウやヌマエビやオタマジャクシやカゲロウの幼虫やらが仲良く(?)暮らしているのが「自然」の池ですよね。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/24 22:54 | edit

No title

豊かな田園風景が広がり、田んぼにはカエルやドジョウがいて背景には緑豊かな杉檜の針葉樹林・・・実はこれは日本人が長年掛けて作った人工の風景ですよネ。明治神宮の森も人工の森。ヨーロッパの森はほとんどが人工です。今これに加えて広葉樹林の復活が模索されています。人間その気になれば色々出来る。
 ところで、わたくし思うのですが大都会の駅前の噴水とか止めにして、大きな円形の田んぼにしたらどうでしょうか?有志をつのって(都会には実家が農家の方が大勢おられる)休日に都会人も一緒に苗かき、田植えを行う。丸の内や八重洲口で少しずつ成長する田んぼがながめられる訳です。秋には案山子を大募集。穫れたお米は「おにぎり」にして大抽選会。あるいは餅米を作付けて「餅まき大会」、ついでに収穫盆踊り大会もやってしまう。オフィス街で業種を越えた「駅前田植え実行委員会」が発足。トンボ池よりこっちの方が・・・
ごめんなさい!長々と、夏休みを取っていてめづらしく時間があるものでつい・・・

nobrin-7 #79D/WHSg | URL
08/25 08:57 | edit

No title

nobrin-7さん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、その気になりさえすればできることはいろいろあるような気がします。
最大の問題は都市部に住んでいる人間がその気になっていないというか、花や木や芝生を植えればそれで自然なんだと思ってしまっている人が多いということなのではないかと考えています。
生物の多様性を維持するためには彼らの生活の場が必要ですが、今の都市部にはそういう視点がまったく欠けているのではないかということです。
nobrin-7さんのおっしゃる噴水の田んぼ化計画は面白いアイデアだと思います。コンクリートで固められた噴水広場を喜ぶのは人間くらいしかいませんが、田んぼを生活の場にできる生き物はたくさんいますものね。駅前の噴水広場くらいの面積ではあまり過剰な期待はできないでしょうけれど、水の中にはヤゴやオタマジャクシやゲンゴロウがいて、空にはトンボが飛び交い、秋になるとイナゴが跳ね回る、というような風景が都会でも見られるようになる日が来ると良いですね。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/25 10:43 | edit

No title

高速道路にトンボの大群が飛んでいて、車のフロントガラスにぶつかって困ります。
米に拘る日本酒の蔵元(トンボのマークの泉橋酒蔵)によると...
農薬の多い田んぼより、排気ガスの多い高速道路の方がマシなのでしょう。
現在のほとんどの田んぼで、ヤゴは生きていけない。

19世紀の男 #79D/WHSg | URL
08/29 07:07 | edit

No title

19世紀の男さん、コメントありがとうございます。
コメントで他の方もおっしゃっているように田んぼは人工物ですし、そもそもの目的が米作りですから生き物が暮らす場所として期待するのには限界があると思います。
わたしの願いは、「自然再生において生物の多様性を主目的とした場を作るという視点を持ってほしい」ということに尽きます。それを広範囲で実際にやるとなれば都市というものを根底から見直す大変な作業になると思いますが・・・

leopard_gck #79D/WHSg | URL
08/30 10:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/22-2fbca2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。