03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

マイクロフォーサーズ考 その1。 

Carl Zeiss

わたしが現在愛用しているカメラはパナソニックのDMC-G1。
マイクロフォーサーズ(以下、m4/3)という規格の第一号機です。
今回は、そのm4/3について少し考えてみたいと思います。

m4/3第一号機であるDMC-G1が華々しくデビューしてから1年が経過しました。
当初はダブルズームしかなかったレンズも徐々に充実し、超広角ズーム、明るいパンケーキ、マクロレンズなどなど、システムカメラとしてそれなりに使えるようになってきました。今後は広角パンケーキ、魚眼、超望遠ズームなど、さらにシステムの拡充が予定されています。

G1/GH1の頃はまだやや特殊なカメラとして見られていた感のあるm4/3ですが、E-P1やGF1の大躍進でデジタル一眼レフ(以下、DSLR)のサブ用途やライトユーザーも気軽に入っていけるデジタル一眼としてしっかりとした足場を築き上げつつあると思われます。

ここでひとつ、m4/3とはいったい何なのかということを改めて考えてみたいと思います。
わたしはG1ユーザーなので、パナソニック側からの視点、さらにm4/3をメインで使用しているユーザーとしての視点となります。

これは今更書くまでもありませんが、みなさんご存知のようにm4/3は技術的にはDSLRとコンデジの間を埋めるブリッジカメラです。
以前は各社から出ていたセンサーサイズが大きめのハイエンドコンデジとは違い、フォーサーズと同じサイズのセンサーを搭載し、一眼レフからミラーボックスとペンタプリズムを取り除いたカメラです。これによりボディの大幅な小型化、おもに広角~標準レンズの小型化が達成されました。

これだけなら誰にでも想像できる範囲ですが、m4/3は小型化だけではなく様々な新技術を搭載してきました。そこにm4/3の大きな意味があるのです。

m4/3独自のものとしてこれまでの常識を超える高速コントラストAFと高精細かつ視野の大きなEVFが搭載されました。もっと細かいことを書けば、プレビューの時点で歪曲収差が補正されるリアルタイム電子補正、レンズも含めた動画対応などもDSLRにはなかったm4/3独自の技術です。

これらの技術によって、写真の可能性はさらに広がりました。DSLRでもコンデジでもカバーできなかった領域を切り開いていくことが可能になりました。まさに新時代のカメラと呼んで良いでしょう。

次に、m4/3によって写真の可能性が具体的にどのように広がったのか考えてみたいと思います。

Posted on 2009/12/10 Thu. 15:03 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/2-2e2bae47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。