07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

What You See Is What You Get 

Sign of Spring
View Large
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

ファインダーの種類にもいろいろあり、それぞれ一長一短があるという話を以前書きました。

背面液晶やEVFによるライブビュー撮影の特徴を一言で表現するとするならば、表題の「What You See Is What You Get」ということになるでしょう。おおよそ液晶やEVFで見ているとおりのものがそのまま写るということです。

ライブビューではどんなに小さなカメラでも視野率は100%、露出補正やカラーの設定がプレビューに反映され、絞り込みのプレビューでも画面が暗くなりません。
これらの撮影前の設定がプレビューに反映されるという機能は現時点では完璧なものではありませんが、それでも大きな進歩であることには違いありません。

こういった機能があると、例えば大幅に露出補正をした場合やモノクロで撮る場合などに、実際にどう写るのかということを想像するだけでなく自分の眼で確かめながら撮ることができます。光学ファインダーではカメラまかせでブラックボックスになっていた部分を、ライブビュー撮影では自分でコントロールできるようになったのです。

これまでは写る範囲やピント合わせの目安に過ぎなかったファインダーが、ライブビュー時代では撮りたい写真のプレビューとして使えるようになってきました。
昔はレンズとは別の窓から覗いていたファインダーが一眼レフになりレンズを通して見ることができるようになり、さらにライブビュー機能で撮像素子そのものに写った画像を見られるようになりました。
より撮影結果に近いプレビューがファインダーに求められるものであるとするならば、ライブビューこそが正当な次世代のファインダーということが言えるでしょう。

今後のEVFや液晶の技術の進歩によって、いずれはプロやハイアマチュアならライブビューを使うのが当たり前という時代になるのではないでしょうか。

Posted on 2010/02/21 Sun. 19:08 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

コメント

No title

ホントこれからのカメラはこぉいったカメラが主体になって
くるのでしょうかねぇ!?
パナソニックGF-1っを使うようになってホントにマクロ撮影が
楽しくなってきました^^

魔王^^ #79D/WHSg | URL
02/26 18:32 | edit

No title

魔王^^さん、コメントありがとうございます。
マクロ撮影をしているとライブビューのありがたみがよくわかりますよね。
わたしは一眼レフをメインで使っていたときはマクロは正直言って苦手というか苦痛でしたが、コンデジを使って初めてマクロ撮影が楽しいと思えました。
良い意味でコンデジの使い勝手で一眼画質のマイクロフォーサーズには本当に感謝しています。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
02/26 22:28 | edit

No title

こちらでは初めまして。
価格.comの掲示板ではお世話になりました。
hymrcことライデンです。

私は眼鏡を掛けていることもあってファインダーを覗くのが苦手で、銀塩一眼レフを使っていたときのローポジションマクロ撮影には、いつも苦労させられてきました。
それがデジタルカメラに切換え、ライブビュー撮影の快適さに感動した覚えがあります。
バリアングルモニターならなおさらですね。
まだまだライブビュー撮影に拒絶感を持たれる方もおられますが、非常にもったいないことだと思います。

rydenx #79D/WHSg | URL
02/27 00:49 | edit

No title

こんにちは、ご無沙汰しております。
E-P2+外付けEVFをしばらく使ってみて、
ライブビューが非常に使いやすいと感じました。
光学ファインダーに劣る部分もありますが、
便利さというか自由度は圧倒的に勝っていると思います。
これからの進化が楽しみですね!

hiro_clover #79D/WHSg | URL
02/27 16:09 | edit

No title

rydenxさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。どうしても光学ファインダーじゃないとダメだという人も多いのですが、実にもったいないと思います。
おそらく、そういう方々は長年光学ファインダーにあまりにも慣れ親しんでしまったので光学ファインダーによる写真撮影が最上最高のものだと刷り込まれてしまっておりライブビューの有用性を実感できないのだろうと思います。
わたしの認識では、光学ファインダーにせよEVFにせよ単なるファインダーの一形式であって、どちらにも一長一短があるものです。光学ファインダーでなければ撮れない写真、ライブビューでなければ撮れない写真がそれぞれあります。
おそらく今後は徐々にそういう認識が広がって行くだろうと思っております。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
02/27 22:19 | edit

No title

hiro_cloverさん、コメントありがとうございます。
なるほど、自由度が勝っているというのは上手い表現ですね!
確かにライブビューというのは光学的な制限から自由になったファインダーとも言えますね。マイクロフォーサーズはその自由度を上手く生かしていると思います。
これからEVFもAFもどんどん進化していくでしょうし、EVFや背面液晶といったものからさらに進歩した新しい形式も生み出されるかもしれませんね。わたしも今後が楽しみです。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
02/27 22:25 | edit

No title

はじめまして。
レオパルドゲッコーさんのブログをいつも大変参考にさせて
いただいています。
昨年の秋にG1を購入したばかりなので、ブログをとても
参考にさせていただいています。
コンパクトで軽いくてデザインがオシャレなだけで
買ってしまいましたが、マイクロフォーサーズって
すごいんですね!

和田英朗 #79D/WHSg | URL
03/28 01:00 | edit

No title

和田英朗さん、コメントありがとうございます。
マイクロフォーサーズは小さいのはもちろん魅力ですが、それ以外にも様々な可能性がある規格だと思います。
これからの展開も楽しみですね。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
03/29 09:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/17-d76e1769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。