03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

写真の限界は何が決める? 

The alien flying in the space
View Large
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens: LUMIX G 20mm)

よくコンデジは記録写真しか撮れないとか、マイクロフォーサーズはあくまでサブ用途だというようなことを言う人がいます。
それはそれでもちろん間違いとは言えませんが、個人的には少々もったいない考え方だと思っています。

このカメラで何が撮れるのか。その限界を決めるのは何でしょうか。

カメラは機械ですから、もちろん性能的に限界はあります。しかしながら、その性能的限界は写真としての表現の限界とイコールだと言ってしまって良いでしょうか。
わたしは、その答えは否だと思います。AF速度やノイズの量、ダイナミックレンジや被写界深度の幅の広さ。そういったものは重要なことではありますが、それぞれ写真の価値を決める要素のごく一部にしかすぎないものだと考えています。カメラやレンズの性能や画質というものは写真を構成する要素の一部にしかすぎないという考え方です。

例えばブレッソンの最も有名な写真。男がぴょんと水たまりを飛び越えている写真ですが、あれを例えば同じシチュエーションでEOS–1D Mark IVにLレンズをつけて連写したとしたらどうでしょうか。ブレもなくピントもばっちりでノイズ感もほとんどない写真が撮れるでしょう。それで、その写真はブレッソンのものより良い写真と言えるでしょうか。
あれはあくまでもブレッソンが自分の体の延長と言ってもよいほどに使いこなしたライカで撮った写真だからこそあの写真になったのであって、より高性能な機材を使えば更に良い写真になるというものではないでしょう。

わたしはこう考えています。
このカメラでは記録写真しか撮れないと決めてしまった瞬間に、その人はそのカメラでは記録写真しかとれない。それを決めるのはカメラではなくてあくまで人間である。
このカメラでは良い写真が撮れるんだと考えている人にしかそのカメラでは良い写真は撮れない。

これまで機材のことについていろいろと書いてきましたが、それはあくまでテクニカルな話、手段の話にしかすぎません。良い写真を撮るにはどうしたら良いのかということを掘り下げて考えた場合にはどれも些細なことです。

一般には写真は機械が撮るものだと思われていますが、わたしの考えはちょっと違います。
わたしが思いますに、写真は実のところはカメラが撮るのではなく、自分の心で撮るものです。
自分が信じたカメラで自分が信じる写真を撮る、それに優る写真はない。わたしはそう考えています。

Posted on 2010/01/17 Sun. 22:40 [edit]

tag: ひとりごと  写真  カメラ 

コメント

No title

ゲッコーさん、本当に道具と人との関係って難しいですよね。何であれ手段が目的になるような本末転倒が危険ですが、hiroshipsはいまだ道具であるカメラ機材と格闘中の段階です。自分の作品?を客観視することの困難さは仕事では思い知らされてきましたが、写真を撮る時だけは絵心と自由さを失わないように、と自分に願っています。ゲッコーさん、いつも思慮深いコメントありがとうございます。まだ、ジャスピンが来ていない自分の写真にウ〜ん、ま、いいかワクワクできるから。でも、求めたいです、いつまでも。

hiroships_0820 #79D/WHSg | URL
01/20 02:25 | edit

No title

hiroships_0820さん、コメントありがとうございます。
水泳競技で水着が話題になったときに北島選手が「泳ぐのは俺だ」と書かれたTシャツを着て話題になったことがありますけれど、たぶんどの分野でも道具と人との関係というのは難しいものなのでしょうね。
自分にとって最良の道具を求める努力は最大限行うべきだろうとは思いますが、それと良い写真を撮ろうという努力とはまた別の次元の問題だと思っております。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
01/20 11:05 | edit

No title

はじめまして!izu吉と申します。
G1買おうかどうか検討しているうちにこちらにたどり着きました。
カメラと人との関係、とても含蓄のあるお話です。
僕は決め付けていたかもしれないなーと思います。
これからも寄らせてください。
リンク頂戴しますネ。

izu吉 #79D/WHSg | URL
04/04 22:08 | edit

No title

izu吉さん、コメントありがとうございます。
わたしがこういうことを考えるようになったのは、わたしが衝撃を受けた写真がコンデジで撮られたものであるということを知ってからなんです。
恥ずかしながら、それまでのわたしは機材こそ全てだと思っていました。今は小さなカメラでどこまでやれるのかということに興味を持っています。

leopard_gck #79D/WHSg | URL
04/05 23:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://leopardgck.blog.fc2.com/tb.php/15-47e98eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。