11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

光と影。 

Peacock Pansy
(camera: panasonic LUMIX DMC-GH3 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

皆さんは初めて写真を褒められた時のことを覚えておられるでしょうか。
わたしの場合は、クラシックカメラを手に入れて50mmのレンズ一本だけで撮り歩くのが面白くなってきた頃のことでした。フルマニュアルの露出計もない古いカメラで露出は勘で合わせるというメチャクチャな撮り方をしていたのですが、ある古い民家で暗い部屋の中に窓からの日差しが一部だけあたっている状態が面白かったので撮った写真がたまたま調度良い露出になっていて、日のあたっている部分が影の中から浮かび上がるような写真になりました。その写真は行きつけの写真店で現像してもらったのですが、そこの親父さんが「これはレンブラントの絵みたいだね。こういう写真は大きく伸ばすものだよ」と初めて褒めてくれたのです。向こうも商売ですから箸にも棒にもかからないヘタクソな常連にお情けでお世辞を言った程度だったのかもしれませんが、それまで誰かに写真を褒められるという経験がなかったわたしにとっては非常に印象的な言葉となりました。

意図せず光と影のコントラストが主題となった写真を「レンブラントのようだ」と表現されたことが非常に印象に残って、そこからわたしは写真における光と影というものを強く意識するようになりました。写真は英語で"Photograph"、つまり「光画」とも言えるものですから光を意識するのは当たり前といえば当たり前なのですが、それまではわたしは写真というのは目の前の景色が見たまま写っているものだというような漠然とした意識しか持っていなかったのです。

今では、写真の本質は光であると思っています。画面の中で何かが光ってるという意味ではなく、光が反射したり透過したりしたものを写しとったのが写真だということです。写真とはそういう様々な光を素材にして何かを生み出す表現であるという認識であり、それがわたしにとっての"Photograph"です。ゆえに、出来上がるものは必ずしも見たままのものではなく、肉眼でのイメージからかけ離れたものであっても良いと考えています。とは言っても現像操作で画像を極端にいじるのはあまり好きではありませんが、それは単にいじりすぎると底の浅いつまらない色合いになってしまうと感じているからであって、肉眼での印象にこだわっているわけではありません。(単にわたしの現像操作がヘタクソなだけとも言えますが・・・)

光と影を読み適切に操れるようになれば良い写真と呼べるものが撮れるようになるのではないかと考えています。自分がそうなれる日が来るのかどうかは大いに疑問ですが・・・
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/19 Thu. 01:29 [edit]

thread: 昆虫の写真

janre 写真

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  昆虫   

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。