04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

DMC-GH3の機能的デザインについて。 

Morning Dew
(camera: panasonic LUMIX DMC-GH3 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

オリンパスからE-P5、パナソニックからDMC-G6という、ミラーレス機のファンとして非常に喜ばしいボディが発表されました。E-P5とG6のいったい何が喜ばしいのかということを書く前に、その準備段階としてDMC-GH3のデザインの機能性について考えてみたいと思います。少々まどろっこしい展開で申し訳ありませんが、話の流れとして必要なことになりますので・・・

わたしがDMC-GH3の発表を初めて見た時に感じたのは、デザインの傾向が変わったということです。それは単に見た目が変わったということではなく、機能性を追求したデザインになったという意味になります。では、GH3のどこからそういう印象を感じたのか。一般的にカメラの顔は前面ですが、操作に必要な部分は主に上面と後面ですので、まずは上面から見て行きましょう。
GH3上面

前機種のGH2から明らかに変わったのはまずWB,ISO,露出補正のボタンが加わったことですが、これは全て絵作りに関連したボタンであり、一般的な使用頻度を考えた並び順になっています。また、ISOボタンには触っただけで識別できるように小さなポッチがついています。この並びは一段高くして手探りのみで識別できるようになっています。シャッターボタン周りは人差し指の第一関節がちょうど収まるようなくぼみがついています。後ろ側のコマンドダイアルはGH2まではサムレストの右側が高い形状だったので左右同じような感覚で回しにくかったのですが、角の出っ張りを抑えてダイアルの左右を同じ形状にしています。電源レバーはG/GHシリーズ共通ですがレバーであり、電源が入っているかどうかを目で確認しなくても操作ができる位置に置かれています。また、上から見ると後面の上側がなだらかな斜面になっているのがわかりますが、その形状の理由については後述します。次は後面です。
20130306.jpg

この画像からはわかりにくいのですが、右手親指を置く場所はさきほど上面で確認していただいたようになだらかな斜面になっており、親指を置きやすくすると同時に親指の延長線上にスムーズにモードダイアルが来るようになっています。さらにフォーカスモードレバー・AEロックボタンや録画ボタンやコマンドダイアルへの親指の動きを考えた配置になっています。つまり後面の右上側は右手親指を静的にも動的にも人間工学的に意識したデザインになっているのです。グリップの形状は若干下側がふくらんだカーブになっていますが、これはグリップを握った時の手のひらの形を意識しているのでしょう。その形状のため、握った感じは非常にフィットしたものになります。
もう一つ画像からはわかりにくいものとして、十字キーの周りの右側のラバーの切欠きが絶妙なものになっています。右手親指の腹で押さなれないようにしつつもダイアルを操作しやすいように、切欠き部分のラバーがダイアルの盛り上がっている部分がギリギリ出るか出ないかという高さになっているのです。ここの立体的デザインは是非実物を手にして確認していただきたいところです。

細かいところを挙げていくとキリがないのでこのあたりで終了させていただきますが、要はグリッピングや指の置き方や指の動きに関してまでかなり考えぬかれたデザインになっているということです。このような道具として非常に細やかな部分まで考慮した機能的デザインはそれまでのマイクロフォーサーズ機にはほとんどみられませんでした。ここで挙げたようなことは一眼レフではある程度当たり前であって一眼レフで機能的に目を疑うようなデザインはほとんどないのですが、ミラーレス機はメーカーからもユーザーからも趣味性の高いものや単に携帯性のみを追求したものとして捉えられることが多く、真剣に写真機としての機能性を考えたデザインは非常に少なかったように思います。そういう傾向がようやく変わってきたのは非常に喜ばしいことだと考えています。

さらに喜ばしいのは、フラッグシップであるGH3だけでなくDMC-G6やE-P5にもそういう方向性を見出すことができることです。それについては機会があればまた別の記事で考察してみたいと思います。

「道具の美しさ」とは何かと考えた場合、それは見た目だけの問題ではなく、実際に使ってみてその操作感に美しさを感じるかどうかということの方が重要なポイントだと思っています。美しさとは目で見て感じるものだけではなく、手や指が感じるものもあるでしょう。つまりは機能美です。そういう意味においてGH3はとても美しいカメラだと思いますし、こういう美しさを持ったカメラがもっと増えてくれれば良いなと願っています。
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/15 Wed. 10:15 [edit]

thread: デジカメ

janre 写真

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。