08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Panasonic Lumix DMC-GH3について。 

Longhorn beetle
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)
注:写真と本文は関係ありません。

世の中には様々なカメラがあります。コンパクトデジタルカメラ、一眼レフ、携帯についているカメラ、トイカメラ、などなど。それぞれのカメラにはそれぞれに求められる機能や存在意義があり、写真を撮るという行為に多種多様の存在意義を与えます。

その中においてレンズ交換式カメラシステムに求められる機能は、まずは写真をある程度気合を入れて撮ることだろうと思います。とりあえず写っていれば良いという程度なら携帯やコンデジで良いですし、楽しく撮りたいだけならトイカメラでも良いわけです。そうではなくてあえて大きく重く高価で面倒くさいレンズ交換式カメラを使う理由があるのならば、きれいな写真(技術的にある程度整った写真)を撮りたいという意図があるのだろうと思います。

さらにその中でも徹底して真剣に撮りたい場合もあれば、ある程度カジュアルに撮りたい場合もあるでしょう。ミラーレスカメラはどちらかというと後者寄りのカメラとして考えられていることが多いだろうと思います。携帯性やスタイル重視、持っているだけで楽しいようなもの。それが多くのメーカーが考えるミラーレスカメラでしょう。それはつまり、真剣に撮りたい場合には別に一眼レフを使うという前提があるからです。写真を真剣に撮るということを考えた場合、あくまで一眼レフが主でミラーレスが従なのです。

ではその前提を崩すとどうなるのか。あくまで写真を真剣に撮るための道具に徹したミラーレスカメラがあっても良いのではないか。そういう発想で出てきたのが、今回パナソニックから発表されたDMC-GH3だろうと思います。この発想の萌芽はミラーレス第一号機であるDMC-G1の時にすでに垣間見えていました。カジュアルなエントリークラス向けのカメラとしては妙に一眼レフ寄りのデザインでしたし、ダイアルやレバーの数が多いのです。小さくて軽いけれども決して単なるエントリークラス向けのカメラではないという意図が透けて見えるようなカメラでした。

DMC-GH3は、そういう方向性の野心がついに結実したボディだろうと思います。このカメラの特徴は、驚くほど道具に徹したデザインです。前機種のGH2までには見られていた、カジュアルっぽい雰囲気も一応漂わせておくという擬態めいた戦略が今回では完全になくなりました。どこからどう見てもストイックな、写真を撮るための機械です。
ストイックなデザインであるばかりでなく、ボタンの配置なども非常によく考えられて洗練されたものになっています。例えばシャッターボタンの後ろにWB、ISO、露出補正ボタンが並んでいますが、これはいずれも絵作りに関係するボタンです。その他の機能は他のボタンやダイアルに任せて他の場所に配置してあります。
リアダイアル周囲の形状、フォーカスレバーの位置、動画ボタンの位置。いずれもなるほどそう来たかと唸るようなものになっています。

大変失礼ながら、あのパナソニックがここまで機能的に洗練されたボディのカメラを出すのは個人的には非常に驚きでした。今までのボディは頑張りや意図はわかるけれどもどこか微妙に残念なところがあるのが定番でしたが、GH3にはほとんど隙らしい隙が見当たりません。ひたすらストイックに写真を撮るための道具であることを追求しています。一眼レフでは当たり前だった世界観がミラーレスの世界にもようやく来たといったところでしょうか。

これは非常に良い傾向だと考えています。ミラーレスカメラも写真を撮るためのシリアスな道具でありうる時代がやってきたのです。
スポンサーサイト

Posted on 2012/09/21 Fri. 15:41 [edit]

thread: デジカメ

janre 写真

tag: ひとりごと  マイクロフォーサーズ  カメラ 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。