04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

視点と視野について。 

Swallowtail
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

視点と視野。
写真を撮る人にとっては意識するのが当たり前のことかもしれませんが、今回はそれを考えてみたいと思います。

写真を撮る上で非常に重要なのが、どこから撮るのか(視点)、どの程度の範囲を撮るのか(視野)ですが、これらは当たり前のようでいて本当に徹底しようとしたら非常に難しいことだと思います。

例えばその辺で手頃な昆虫を見つけて真横から大写しで撮ろうと思ったとします。虫ですから自分から横を向いてくれるはずもありませんし都合の良い高さに移動もしてくれませんから、自分で真横から取れる位置に移動して適切な高さに手ぶれしない姿勢を作ってカメラを構えなければなりません。
それはそれで大変なことではありますが、これは肉体的に大変だというだけであって写真を撮る上では本質的な問題ではないと考えています。もっと重要なことは、本当に真横からのアングルで大写しで撮るのが正しい撮り方なのか、ということだろうと思います。

斜めから撮るべきかもしれませんし、真上から見下ろしたり下から見上げたりするべきなのかもしれません。もっとぐっと寄るべきなのかもしれませんし、思い切って下がって背景を活かすべきなのかもしれません。これは被写体の形にもよるでしょうし、その場の光の当たり方や背景の状況によっても違ってくるでしょう。

以前目にしたブログで「50枚ドリル」という練習法を実践しておられる方がいらっしゃいましたが、これは素晴らしい練習法だと思います。要は同じ被写体を違うやり方で何が何でも50枚撮りきるという練習法なのですが、これは言うなれば強制的に視点や視野を変えて撮る練習です。これを繰り返せば、一見まったく同じ被写体であっても撮り方によってその表情がまったく違ってくるということがよくわかるようになるでしょう。「同じものである」というのは脳が勝手に同じものだと認識しているだけであって、実際に目にする光景は視点や視野によって全然違うものになったりするからです。同じチョウであっても、横から見たのと後ろから見たのでは全然イメージが違うのです。
撮っていくうちに始めに考えた撮り方が間違っていたことに気がつくかもしれませんし、最初の直感が正しいかもしれません。答えは一つだけではなくていくつもあるかもしれません。その時は答えが見つからなくても、時間帯を変えるともっと良い答えにたどり着けるかもしれません。
答えにたどり着くのも大事なことですが、もっと大事なのはその過程でしょう。つまり、こういう訓練を積み重ねることによって、視点や視野を大きく変えて物事を多角的に見るという考え方を身につけることができるのです。これはあらゆるシチュエーションで有用な考え方だと思います。

一つの考え方や方法に固執するのではなく、なるべく柔軟に被写体をいろいろな視点や視野で見ることによって、より良い結果を得られる可能性を引き出すことができるだろうと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/22 Tue. 13:13 [edit]

thread: お散歩写真

janre 写真

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。