04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

写真をどうやって見せるべきか。 

Jerryfish
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens: LUMIX G 20mm/F1.7)
View Large

今回は「写真の見せ方」について考えてみたいと思います。
もうちょっと詳しい言い方をすれば、その写真の魅力を最も引き出せる見せ方をみつける、ということにもなります。

同じ写真であっても、例えば大きく引き伸ばした時とポストカードサイズではかなり印象が異なります。
大きくすればそれで良いというものではなくて、テーブルフォトやペットの写真などはむやみやたらに大きくするよりはポストカード程度に留めておいて手元で見られるようにした方が写真の魅力をより引き出すことができるでしょう。逆に、細かいところまで精緻に写っている雄大な風景写真などは小さいサイズだとその魅力を十分に発揮することができないでしょう。
デジタル時代になって写真を発表する場は多種多様になりましたから、写真の大きさだけでなく、背景の色、縦横比、写真と文章のバランスなどによっても写真の印象は変わってくるでしょう。

本来は写真一枚一枚に最も適したサイズと背景色と縦横比をそれぞれ見つけるべきでしょうけれど、現実的には写真サイトやブログなどの制限もありますから逆に撮る写真をその制限に合わせるというやり方になることが多いだろうと思います。

わたしの場合はメインの活動の場所はFlickrと考えていますので、写真サイズはFlickrのデフォルトである長辺640ピクセル、縦横比は今使っているカメラのデフォルトである4:3、背景色は白、というのが前提になる写真を撮る、ということになります。ただし640ピクセルでは写真の魅力を表現しきれないと判断した時は大きなサイズへのリンクを貼ることにしています。その際には背景色は黒になるようにしていますが、これは背景を黒にすることによって写真全体を浮き上がらせるような効果を期待しているからです。

以下はあくまでわたしの個人的な考えですが、枠をつけたり背景を黒でしか見られない写真は極力撮らないようにしています。ちょっと凝った枠をつけるとそれだけで何となく本格的なイメージになってしまったり、背景を黒にすることによってそれだけで何となく非現実的な雰囲気が出てしまい、本来の写真の持つ力に関係ないところで見る側の判断力を惑わせる可能性があるからです。
(ただし上述の如く背景を黒にするメリットもあると思いますので、オプションとしてそういう見方も提供するというやり方にしています)

「最も適切な見せ方」を決めるのが写真を撮る前にせよ後にせよ、そういう考え方も「写真を撮る」という行為に含まれるものだと考えています。
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/15 Sun. 10:22 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

Flickrのススメ。 

Dandelion
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)
View Large

Flickrという世界最大の写真共有サイトがあります。ウェブで写真関係の活動をしていればすでに参加しておられる方も多いでしょうし、参加はしていなくても名前を聞いたことはあるだろうと思います。
今回はそのFlickrについて書いてみます。これは以前からやろうと思っていたことなのですが、なかなか文章をまとめられずに延ばし延ばしにしていました。これから書くこともFlickrのすべてについて書くわけではなく、おそらく数回にわたって書くことになるだろうと思います。

Flickrに参加する最大のメリットは、世界中の人が撮った写真を見ることができて世界中の人と写真についてコミュニケーションがとれることです。英語圏の人が多いですが、中東やアフリカや東南アジアなどですごい写真を撮っている人たちがたくさんいることもわかります。
その辺の道ばたで撮ったお散歩写真を地球の裏側の人が見てコメントを書いてくれるというのはなかなか刺激的かつ魅力的な体験です。今回の写真もその辺の道ばたでひっそりと生えていたタンポポの綿毛ですが、こういう写真でも世界中の方から1000以上のview、200近いコメント、100以上のFavorites(要するにお気に入り)をいただきました。

さらに、そういうコミュニケーションをとることによって世界のプロアマ問わず凄いフォトグラファーを見つけることもできます。凄いフォトグラファーというのは凄い写真を撮るだけではなくて、凄い眼力(観察力、審美眼)を持っている人もいるということです。
例えば今回の写真、これもFlickrにアップしたものですが、"lovely work, and lovely processing... and so sharp in all the right places"というコメントをつけてくれたスコットランドの写真家がおられます。この方はわたしがこの写真で出したかったエッセンスをこの短い言葉ですべて表現してくれました。これはつまり、わたしがやろうとしたことを心情的にも技術的にも写真をちょっと見ただけで全て理解したということです。
他人の撮った写真に対してここまでシンプルに的確に本質を見抜くことができる人はなかなかいません。特に後半の言葉はマクロに対する深い造詣と経験と鋭い審美眼がなければ絶対に出てこないものでしょう。後半部分を読んだだけでもこの方がただ者ではないということがわかります。

昔の時代劇で刀で切った小枝の切り口を見ただけで切った人の腕を理解する達人が出てきたりしますが、写真でそれに近いことができる人は実際に存在するということです。
こういう凄い人がいるのがFlickrというところなんですね。

Flickrの魅力については、いずれまた別の視点から続きを書く予定です。
 

Posted on 2011/05/12 Thu. 12:24 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。