03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

お散歩写真の醍醐味。 

Dandelion
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)
View Large

今まで何度かお散歩写真について書いてきましたが、わたしにとってお散歩写真で一番楽しいのは、その辺で普段から歩きまわっているようなところで良いシャッターチャンスに巡り会えた瞬間です。

「良いシャッターチャンス」と言っても、別に珍しい被写体や出来事を見つけた瞬間というわけではありません。もちろん珍しい被写体に出会えればそれはそれで嬉しいですが、お散歩写真の醍醐味は何と言っても、「ごく普通の場所でごく普通の被写体で良い写真が撮れた時」だと思っています。
この季節で言えば、例えばその辺の道ばたで出会ったタンポポなどがそれにあたります。

今回の写真は、たまたま通りかかったビルの谷間にある花壇とはとても呼べないようなごく狭いスペースに何とか生えていたタンポポの綿毛です。
わたしも正直言いまして始めはごく軽い気持ちでカメラを構えたのですが、ファインダーを覗いた瞬間に「これは何かが起こっている!」と感じました。目の前にあるのはごくありふれた光景、ごくありふれた被写体。こんなところで写真を撮ろうなどと思う人はまずいない。しかしながら、綿毛の状態、光のまわり方、背景のバランス、そういったものが組み合わさってファインダーの中で何か魔法のようなことが起こっている。良いお散歩写真が得られる瞬間だと感じたのです。

こういう瞬間を掴むためには、やはりいつでもどこでもカメラを持ち歩いて、その瞬間を逃さず捉える準備を常にしておかなければならないと改めて感じます。

そのために必要なのは、小さく軽く高性能で、その辺の道ばたで人知れず起こっている小さな奇跡を確実に捉えてくれるレンズとカメラ。正にそれこそがマイクロフォーサーズです。
 
スポンサーサイト

Posted on 2011/04/26 Tue. 19:43 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ 

写真の批評について。 

Sakura
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

「写真の批評をしてほしい」と言われた場合、どういうわけかその多くは「どこがダメなのか教えて欲しい」という意味であるようです。また、批評を行う側も、「ここがダメ、あれがダメ」という指摘をすることが多いようです。
ダメなところを指摘すること自体は別に悪いことでも何でもありませんが、それだけで終わってしまって良いのだろうか、といつも思います。

あれがダメ、これもダメ、と良くないところをどんどん直していって、最後に残るのはどういう写真なのでしょうか。
とてもきれいで非の打ち所が無い教科書的で優等生的な、それでいて個性もアクも感じられない、感心はできるが感動はできない写真ではないでしょうか。

欠点を指摘するのは簡単です。多少の知識と経験があれば誰にでもできることだからです。
しかしながら、いったい何に感動してどうやったらその感動を表現することができるのか、そういうことは欠点をつぶしていくだけでは得ることができないだろうと思います。

例えば、「水平が出ていないからダメ」というのは簡単です。ちょっとでも写真をかじったことがあれば誰にでも言えることです。
しかしながら、水平をきちんと出すことがその写真にとってどういう意味があるのか、本当に水平が出ていたほうが良いのか、少しばかり傾いていたほうが作画意図を的確に出せるのではないか、そういうところまで考えた上で「水平を出すべき」と指摘しているのかどうか、そこが問題でしょう。
「横の線なのだから水平は出すべきだ」というような機械的な考え方では本当の向上は得られないだろうと思います。水平が出ていないからダメ、ではなく、その写真で表現したいものを出し切るために一番必要な角度は何か、と考えるべきだろうと思います。その答えは水平かもしれませんし、そうではないかもしれません。

本当の批評とはただダメ出しをするだけではなく、写真を撮るのと同じように「どうしたらもっと良くなるのか、魅力を引き出せるのか」というクリエイティブなスタンスで行うべきものだろうと思います。それは批評される側にとって有益であることはもちろん、批評する側にとっても自分を高めるためのイメージトレーニングに成り得るでしょう。
 

Posted on 2011/04/21 Thu. 17:47 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。