11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

写真のインパクト。 

Mantis
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

皆さんは何かの写真を見て衝撃を受けたことがあるでしょうか。
衝撃といってもショッキングなものやグロテスクなものが写っているという意味ではなく、美しさなどの表現に強く心が打たれたという意味です。

個人的には「凝ってるなあ」とか「きれいだなあ」とか「素晴らしい瞬間をとらえているなあ」などと思うことはあっても、衝撃を受けるほどの写真にお目にかかることはめったにありません。しかしながら、衝撃的な写真というのは間違いなく存在すると思います。

個人的な昔話になってしまって申し訳ありませんが、わたしは長らくダラダラと毒にも薬にもならないようなつまらないスナップ写真を撮っていまして、その頃のわたしはどちらかというと写真よりも機材の方が好きな機械オタクみたいな存在だったと思います。カメラやレンズを物欲で買っただけで何となく満足してしまい、写真雑誌を見ても写真集を見ても、「上手いなあ」で終わってしまう鑑賞。それは感動というレベルからはほど遠いものだったような気がします。

それが突然の転機を迎えたのは、Flickrという世界最大の写真サイトに参加してから、ある写真を見てしまったことでした。こんなに美しい写真がこの世にあるものだろうか。そして、いつの日か自分でもそんな写真を撮ることができるようになるものだろうか。そんな疑問が機材よりも写真そのものに対する興味を沸き立ててくれたきっかけでした。

時折、わたしの写真を見た方からとても嬉しい言葉をいただけることがあります。「感嘆しました」、「どうやって撮っているのか想像もできません」、などなど・・・
正直言いましてわたしの写真などはそんなお言葉をいただくにはもったいない非常に稚拙なものだと思いますけれども、わたしの撮る写真がほんの少しでも写真の魅力を感じる一助になっているのであれば、それほど嬉しいことはありません。

写真で意図的に強いインパクトを与えるのは非常に難しいことだろうと思います。それは以前の記事にも書きましたが、写真というものはあまりにもリアルであるからです。あまりにも現実的で身近なものは人を感動させることは非常に難しいですが、あえてその困難と戦ってみたい。それがわたしの挑戦です。
(そんなことが実際にできるかどうかはわかりませんが・・・(^^; )
スポンサーサイト

Posted on 2010/12/10 Fri. 23:53 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

プラスアルファ。 

Praying Mantis Laying An Ootheca (Egg Case)
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

写真は引き算だと言われます。
わかりやすく言い換えれば、余計なものを排除して表現したいものだけを写すということです。

ごく単純に考えれば、背景を真っ黒にしたり真っ白にしたり完全にぼかしたりして被写体のみをどどーんと大写しにすれば十分に引き算をした写真ということになります。が、カタログ写真ならそれで良いのかもしれませんけれども、鑑賞を主目的とした写真であればそれでは少々つまらないというか、物足りない写真になることもしばしばです。

ではどうするかと考えた場合、十分に引き算をした上に今度は逆に何かを加える、すなわちプラスアルファするというやり方があるだろうと思います。
こうすることによって写真に深みや奥行きや意外性を出すことができるでしょう。逆にデメリットとして主要被写体の表現が散漫になってしまう恐れがありますので、何をどうやって加えるかというのは慎重にやるべきだろうと思います。

例として自分で撮った写真を出すのは非常に心苦しいものがあるのですが人様の写真を勝手に出すわけにもいきませんのであえてわたしのヘタクソな写真を例に挙げるとすると・・・

この写真は産卵中のカマキリですけれども、マクロ写真なので背景はぼかせば良いので引き算は簡単です。しかし、ただ単に背景をぼかしたマクロ写真では珍しいシーンを撮ったというだけの写真になってしまいます。そこで背景にちょっと凝ってみたりアングルを慎重に決めてみたりするわけです。こういう構図であれば水平をきっちり出すというのも一つの手ですけれども、今回は重心的なバランスを重視することにしてあえて水平は出していません。
(この写真自体には自分で満足できないところがいくつもあるのですが、今回は話の流れ上あえて出しました)

いらないものを引いていくというのは現実的には状況や技術や機材の制約で難しいことはあったとしても発想としては単純なものです。それよりは、引き算する上で何を残すのか、引いた後に何を足すのか、ということを考えるのが非常に難しいところだろうと思います。

Posted on 2010/12/07 Tue. 17:54 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。