10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

写真はマンガになれるのか。 

Frog
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

変なタイトルですが、今回は表現法としての写真とマンガを比較してみます。

かつてマンガの神様、手塚治虫氏はマンガは記号の集合であるとおっしゃったそうです。近年ではマンガのそういう捉え方にも異論があるようですが、これはこれでマンガの本質をうまく表現したものだと思います。
マンガというのは言うなれば頭の中でいろいろな事象を記号化してそれを紙の上に表現したものです。中にはリアルに描かれたものもありますけれども、そういうマンガであっても何らかの記号化や抽象化や過度の強調がありますから、マンガというのは基本的に極めて主観的な表現であると言えるでしょう。いわゆるアニメ絵のような目鼻立ちやギャグマンガの2頭身の人間というのは現実的には存在しないものです。

一方、写真はその真逆を行くものです。写真というのは現実に存在しているものを写して表現の材料にするのですから、何も考えずに撮れば目の前のものが見たまま写ります。写真においてはマンガとは逆に主観を表現することの方が難しいということになります。

表現がダイレクトに主観から来ているマンガとは違い、写真で主観を表現するためにはそれなりに努力しなければなりません。つまり、何をどうやって撮るのかということをはっきりさせなければ主観的な写真とは言えません。それを具体的に言うなら被写体を選び、構図や露出や被写界深度などを自分の思ったように選ぶということです。
さらに写真は引き算と言われますが、主観を現すためには無駄なものを排除する努力も必要です。そのためには例えば背景をぼかしたり、アングルやフレーミングを工夫したり、ライティングを行ったり、適切な光線状況を待ったり、といった工夫をすることになります。

ここまでやって、ようやく写真はマンガと同じスタートラインに立てるわけです。ここまでやっても単に写真が主観的表現を得られたというだけであって、それを価値あるものにするためにはさらに撮影者の感動を見る人と共有するためのエッセンスを注入しなければなりません。

写真はマンガになることはおそらく可能でしょう。しかしながら、主観を表現する手段としては写真はマンガに比べると非常にハンデを背負っている状態とも言えます。上記のように、同じスタートラインに立つだけでも大変な努力が必要になるからです。
しかしながら、写真にはマンガにない利点もあります。マンガがよりリアルになるためには複雑な絵を書く必要があるので技術的(というか作業量的)には大変ですが、写真は始めからリアルです。写真はマンガとは違ってリアルであるために苦労する必要はありません。

もともとは主観的な記号であったマンガがリアルであろうとして新しい表現を生み出したように、写真がマンガに近づこうと努力することによっても新しい表現が得られるのではないか、またそういった努力が写真の世界をさらに奥深いものにするのではないか、そんなことを考えております。
 
ブッダ全12巻漫画文庫ブッダ全12巻漫画文庫
手塚 治虫

by G-Tools
スポンサーサイト

Posted on 2010/11/20 Sat. 00:26 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

Perfect Composition 

Hydrangea #1
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

「構図」という言葉があります。「完璧な構図だ!」という褒め言葉があります。
では、完璧な構図というのはどういうものなのでしょうか。

構図に関しては、黄金比分割、二分割構図、三角構図、日の丸構図、対角線構図などなど、星の数ほどの用語があります。そうかと思えば型にはまった構図はダメだなんていうことを言う人もいます。

個人的には、構図を突き詰めて考えた場合は結局そういう理屈は役には立たないのではないかと思います。
例えば美味しいラーメンがあったとして、その美味しさを理屈のみで100%説明しきれるものでしょうか。麺の材料や形状、ダシのとり方、具の種類や調理法、汁と麺のバランス、隠し味、そういったものをどんなに細かく説明したとしても、何となくわかったような気分にはなれてもそのラーメンの美味しさそのものの説明にはならないでしょう。
結局のところは美味しいラーメンは美味しいと感じるのだから美味しい、美しい構図は美しいと感じるのだから美しいという結論に達するのではないでしょうか。

もちろん知識はあって良いものだと思います。知識は正解に手っ取り早くたどり着くための助けになるからです。しかし、知識によって得られたものをそのまま正解だと考えてしまってはいけないとも思います。知識はあくまでゴールにたどり着くためのひとつの手段であって、ゴールそのものではないからです。

完璧な構図というものがもしあるとするならば、それは理屈ではなく心が決めるべきものであろうと思います。

Posted on 2010/11/12 Fri. 22:14 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

写真はアートか? 

Emergence #2
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

写真は芸術なのかという命題はかなり昔からあるもののようですが、わたしの答えははっきりしています。

絵画でも彫刻でもクラシック音楽でも小説でも芸術といえるほどのクオリティがないものは芸術ではありませんし、マンガでも写真でも芸術的なものであれば芸術です。当たり前と言えば当たり前ですけれども。
何かしらのジャンルによって芸術かそうでないかというのはそもそもありえないことだろうと思います。ジャンルの違いというのは、自分を表現するために楽器を持つのか、絵筆を持つのか、カメラを持つのか、という違いにすぎません。作品に嘘偽りのない自分自身の魂が込められており、それを表現するための技量が優れたものであれば、ジャンルを問わずにアートであると言って差し支えないと思います。

もう一つよくある命題としては、被写体とカメラをセッティングして猿にシャッターボタンを押させたとしたら、その写真を撮ったのはいったい誰なのか?というものがあります。これもわたしの答えは明確で、セッティングした人がその写真を撮ったと言えます。なぜならば、シャッターボタンを押すという行為は写真を撮る一連の作業においてほんのわずかな要素にしかすぎないからです。被写体や機材の選択、いつどこでどうやって撮るのか、撮った後の扱いなど、その全ての行為を含めて写真を撮るということになります。
この命題を考えた人は、おそらく実際に自分で写真を撮る人ではないと思います。わたしが書いたようなことは、写真を少しでも真剣に撮ったことがある人であればあまりにも自明であると言えるでしょう。

写真など誰にでも撮れる、というのはある意味では正しく、ある意味では間違っています。単にフィルムなり撮像素子なりを感光させるだけならシャッターボタンを押すだけで誰にでもできます。しかしながら、明らかな意図を持って自分が思った通りの写真を撮るというのは誰にでも出来ることではありません。写真を理解し、技術と知識を自分のものとし、経験を積まなければそういう写真は撮れません。
落書きなら誰にでも出来ますが、芸術的な絵画は誰にでも描けるものではないというのと同じことです。

写真はアートだ、などと言うとずいぶん気取った物言いにも見えますが、写真を撮る人間がそういう自覚を持つことは写真を向上させるためには必ずしも悪いことではないと思っています。

Posted on 2010/11/01 Mon. 23:11 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。