06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

マイクロフォーサーズに関する誤解。 

Gecko
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 flash:FL-36R flash diffuser:Omni-Bounce)

マイクロフォーサーズを始めとするミラーレス機の認知度は日に日に上がってきていると感じます。ところがその一方で、思い込みや偏見に基づく誤解も蔓延しているように思います。
今回はその辺りについて思いつくままに書いてみます。

・マイクロフォーサーズはコントラスト検出式AFなので一眼レフの位相差検出式AFに比べて遅い?

→ 一般論としてはコントラストAFは位相差AFより遅いものが多いです。しかしながらマイクロフォーサーズではレンズも含めてコントラストAFに特化した設計となっており、機種にもよりますがコントラストAFとしては最速クラスを誇ります。マイコミジャーナルの検証によるとDMC-G1のAF速度はキヤノンのプロ機とほぼ同等とされています。

・マイクロフォーサーズは電子ファインダーなので一眼レフの光学ファインダーより劣る?

→ これはある面においては正しく、ある面においては間違っていると言えるでしょう。例えばダイナミックレンジや即時性という点では光学ファインダーに軍配が上がります。一方、マイクロフォーサーズでは小型機でもファインダー倍率が非常に高い(例えばDMC-G/GHシリーズのファインダーはいわゆるフルサイズ並み)とか、拡大表示が簡単にできるので極めて精度の高いピント合わせができるなどの大きなメリットもあります。単純にどちらが優れたファインダーとは言えないでしょう。

・マイクロフォーサーズは撮像素子のサイズが小さいので画質が悪い?

→ これも上の命題と同様に、ある面では正しくある面では間違っています。高感度ノイズやダイナミックレンジはセンサーサイズが大きいものに比べると劣ります。一方、例えば解像力はDMC-G1においては当時の中級クラスの一眼レフを凌駕したと言われています。また、マイクロフォーサーズのレンズは押し並べて高性能であり、解像力や収差など他マウントの同等クラスのレンズと比較しても優秀なものが多いです。絞り開放だから描写が甘いということもほとんどなく、コントラストAFなのでボディとレンズの相性が悪い場合にAF精度が落ちるということもありません。

こういった誤解が蔓延しているのはまだマイクロフォーサーズが真に市場に浸透していないことの表れなのでしょう。今後技術の進歩に伴ってマイクロフォーサーズは更なる躍進を遂げると予想されますが、それに応じて誤解も少なくなっていくだろうと思われます。
スポンサーサイト

Posted on 2010/07/18 Sun. 22:32 [edit]

tag: ひとりごと  マイクロフォーサーズ  カメラ  写真 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。