04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

手持ちでのマクロ撮影にこだわるということ。 

Dandelion
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

マクロは三脚に載せて撮るのが基本だと言われます。
これは当たり前といえば当たり前で、マクロはピント合わせやブレを抑えるのが難しく、確実に撮ろうと思ったら三脚を使うのが一番楽です。
では楽で確実な方法が最も優れた撮影法なのかというと、必ずしもそうではないのではというのがわたしの考えです。

写真の魅力の一つに、「あっ!」と思った瞬間を半永久的に留められるということがあります。その瞬間を捕まえるための道具としては三脚はどちらかというと不向きだと考えています。三脚をセットして慎重にピント合わせをして、などとやっているうちにその瞬間は遠い過去のものになってしまうのです。

その端的な例としては、昆虫のような小さな生き物の撮影が挙げられるでしょう。セッティングが終わる頃には虫は遠くに逃げていってしまいます。なので、昆虫を撮影する人は手持ちでいかに確実に撮るかということをライティングなどを含めていろいろと工夫します。

上に挙げたのは極端な例ですが、花のような動かないものを撮るときにも同じことが言えるのではないでしょうか。
花を撮る時には花は動きませんが、自分が動きます。ファインダーないし液晶を見ながら花にアプローチしていき、ある距離・ある角度になった時に「ここだ!」と思う瞬間があるでしょう。その瞬間の感動を確実に捉えるには、その瞬間にシャッターを切るのが最も簡単で確実でしょう。後からその瞬間を再現しようと思ってもそれはすでに過去の感動であり、過去の感動のイミテーションです。

もちろん三脚を使ってじっくりと最高の絵を作り出すという方法は一つの優れた方法です。しかしながら、そのじっくり撮るという行為には優れた面ばかりではなく一方で失うものもあるのではないか、というのがわたしの考えです。

わたしがこれに気づいたのはコンデジでマクロ撮影をするようになってからです。一眼レフを使っていた頃はこういう発想はまったくありませんでした。一眼レフでは手持ちで素早く確実なマクロ撮影をするのが技術的に非常に難しいからです。一方、コンデジにはマクロ領域でも使える高速コントラストAFがありますので、それが楽々とこなせてしまいます。
そうなると一眼レフでそういうコンデジ的な撮影ができないのが大きな不満となりましたが、マイクロフォーサーズなどのいわゆるミラーレス機の出現で状況は大きく変わりました。これからは今回わたしが書いたような発想のマクロ撮影も発展していくものと思っています。
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/12 Wed. 10:03 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。