03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

個性的な写真を撮るということ。 

Sakura
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

写真に限らず、表現活動をしている人ならば程度の差はあれ誰しもが個性的な作品を作りたいと願っているだろうと思います。
しかしながら、どうして個性的でなければならないのでしょうか?
きれいな写真であれば、没個性であっても良いのでは?

職業的芸術家であれば、個性的でなければ注目を集められず飯の種にならないという切実な理由があるでしょう。
では、飯の種になるかどうかという心配をする必要のないアマチュアの場合はどうなのでしょうか。

これは人それぞれの理由があり、答えは一つではないでしょう。
個性によって注目を集めたいとか、単に他の人と同じものは嫌だとか、いろいろな理由があるでしょう。美しくさえあれば個性などどうでも良いと思っている人もいるでしょう。

わたしの場合は、誰かが撮っているような写真をなぞって撮るのはいろいろな意味で無駄な行為だという思いがあります。
写真雑誌や写真サイトなどでよく見かけるような写真、商用写真でお約束のパターン、そういうものを撮るのであればわたしよりもずっと上手な人がたくさんいます。そういう写真はわたしが撮るまでもなく、もっと上手な人にまかせておけば良いのです。

どうせ写真を撮るからには、自分にしか撮れない写真を撮るのでなければ意味がない。どこかで見たお手本をなぞるのではなく、自分の心で感じたものを正直に表現するのでなければ意味がない。見たことのない写真を撮って、ワクワクしたい。
そう思ってヘタクソな写真を撮り続けています。
スポンサーサイト

Posted on 2010/04/05 Mon. 23:51 [edit]

tag: ひとりごと  写真 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。