09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

蝉を愛でる。 

Cicada
View Large
(camera: Panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 flash: Olympus FL-36R flash diffuser:Omni-Bounce)

まずはじめに、こういう写真が苦手な方には申し訳ありません。(と言っても、見てしまってからでは遅いかもしれませんが・・・(^^; )

マクロで撮って楽しい被写体はいろいろありますが、この時期では個人的には何と言ってもセミです。
マクロの醍醐味は肉眼では見えない細かいものがじっくりと見られること、そして肉眼ではなかなか気がつかない造形的な面白さを堪能できることですが、セミはまさにその両者をとことん味わうことができる最高の被写体なのです。個人的には「お散歩マクロ被写体の帝王」の称号をあげても良いくらいだと思っています。

まず第一に挙げたいのは額の単眼。ご覧のように、セミの額にはルビーのように赤く輝く小さな宝石が3つあります。これが実に美しくかわいらしい。肉眼では本当に小さな点にしか見えませんが、マクロで撮るとその色や形の美しさをじっくりと堪能することが出来ます。これだけのためでも苦労してセミに近づく価値はあります。

そして、全身に散りばめられた金色に輝く小さな毛。拡大してみるとこれがまた実に美しいのです。特にアブラゼミの漆黒とこげ茶のボディに金色はよく映えます。虫を拡大してみるとけっこう小さな毛があるものですが、中でもアブラゼミの毛の美しさは最高クラスだろうと思います。
背中の模様も格好良く、アブラゼミはがっしりとした甲冑武者のような趣がありますし、ミンミンゼミはまるで民族衣装かのような模様がなんとも言えず面白く美しいです。

おでこやボディだけでなく、前から見た顔も忘れてはいけません。ラジエーターのような模様の口が非常に格好良く、単なる模様ではなくて凹凸があるのです。この凹凸がセミの顔を撮る時の大きなポイントです。

マクロシューター泣かせなのは、このセミの造形的面白さを心ゆくまで撮るきるためには一つのアングルではとても不可能ということです。後ろから、前から、横から、斜め上から、斜め横から、あらゆるアングルで攻めなければセミマクロを十分に堪能したとは言えません。高いところにいるセミを下から見上げて撮っただけではセミの面白さの1/100も出せません。セミマクロで一番大変なのは、撮りたい角度に回りこめる位置にいるセミを見つけ出すことかもしれません。

他にはこれは写真には写らないのですが、じわじわと目の前まで近寄った時のセミの態度がまた面白いのです。
セミにもけっこう個性があって、ちょっと近づいただけですぐに飛んで逃げてしまうものや気にしないで鳴き続けるものもありますが、よく見かけるのがとりあえず鳴くのはやめてしばらくじっとした後にじわりじわりと横に歩き出すセミです。このゆっくり歩いて逃げようとしている(?)姿が実に可愛らしいのですね。ヨコバイというセミに近い仲間の虫は近づくと素早く横に歩いて逃げますが、セミの逃げ方は言うなればそれが非常にゆっくりしたバージョンで、のっしのっしと横に歩いて逃げるのです。
「せっかく気持良く鳴いているのにこんな目の前まで近づいたら気が散るじゃないか。やれやれ、もうちょっとあっちの方で鳴くか・・・」とでも言わんばかりによっこいしょよっこいしょと移動していくセミは、追いかけて写真を撮るよりはその動きを眺めていたほうが楽しいかもしれません。このように、マクロ撮影にはあえてシャッターを切らずにファインダーで眺め続ける楽しみもあります。

セミを愛好した芸術家に、「智恵子抄」などで有名な高村光太郎がいます。氏はよほどセミが好きだったらしくセミの造形の面白さについて書かれたエッセイがあるのですが、そこに綴られた彫刻家としてセミを見る視点は我々写真を撮る人間にとっても非常に面白く勉強になるものだろうと思います。
↓こちらがそのエッセイへのリンクになります。短くさらっと読めるものですので、少しお時間があるようでしたら読んでみてください。
蝉の美と造型

そのエッセイにも少し記述がありますが、古代ギリシア人もセミを愛でていたようです。セミを「歌い虫」と呼んだり、地中から出てきて羽化で真っ白に生まれ変わる様を見て復活や不死のシンボルとして考えたり。
はるか昔の遠く彼方に住んでいた人たちが同じようにセミを愛でていたということを知ると、何となく親近感を覚えてしまう今日この頃です。
スポンサーサイト

Posted on 2011/08/15 Mon. 12:09 [edit]

thread: 昆虫の写真

janre 写真

tag: ひとりごと  写真  自然 

作られた自然。 

Black & Red
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens: LUMIX G VARIO 45-200mm + Raynox DCR-150)

都市部で虫の写真を撮っていてひしひしと感じるのは、人間が作った都市空間というものは虫にとっては極めて厳しい環境であるということです。
虫に限らず、都市はある範囲の年齢の人間以外のあらゆる生物(人間の子供や年配の方なども含む)にとって厳しい環境ですが、特に虫にとってはつらいところだと思います。

きれいな花であれば花壇に植えてもらえますし、街路樹や公園に植えられた木などは大切にされています。しかしながら、そういった人工的に植えられた花や木を生活の場として暮らしていける虫の種類は限られます。
人間が雑草と呼ぶ足元に生えているような草にはたくさんの虫が生活しています。夏になると公園や川の土手などにエノコログサなどのいわゆる雑草が生えてきます。それと共にそれを食草とする虫も増えてきます。東京23区内でも場所によってはトノサマバッタや大きなショウリョウバッタなどにも出会えることがあります。

ところが、虫との素晴らしい出会いがあった場所に翌週行ってみると草がすっかり刈られていて虫が全滅しているということがよくあるのです。夜になると虫の美しい声を楽しませてくれた公園も、草を刈った日の夜から虫の音がパッタリと止んでしまうのです。
同様にカメムシが、ササグモが、シジミチョウが、ハムシが、あっという間にいなくなります。どこかに隠れているわけではなく、生活の場が完全に奪われてしまったので根こそぎ全滅してしまうのです。

雑草が一本たりともないほどに整備され美しい花が咲き乱れる公園、それは決して自然が豊かな公園とは呼べないと思います。
そういった人間の手が入りすぎた環境は生き物を限定利用した人工物とも言えるものであって、「自然」とは言えないでしょう。

このように公園は人工的であり続けていますが、近年は都市部の川には徐々に自然が戻ってきているようです。下水処理などが進んで水がきれいになってきており、魚やエビなどの水生生物が増え、それと共にそういったものを食べる水鳥なども増えているようです。自然で大切なのはこういった積み重ねによる多様性であって、単に花や木などのごく限定された生物を一定数置けば良いというものではないでしょう。

その辺の道ばたで虫の写真を撮りながら、虫を含めたあらゆる生き物と人間が普通に共存できる都市空間が実現される日が来れば良いなと願っています。

Posted on 2010/08/20 Fri. 16:10 [edit]

tag: ひとりごと  写真  自然 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。