03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

レオパルド・ゲッコーのお散歩写真

その辺の道ばたで撮ったお散歩マクロ写真など・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

OLYMPUS OM-D E-M5について思うこと。 

久しぶりの記事です。
わたしの主な被写体はその辺で出会った生き物であるため、この時期はお散歩写真愛好家としては生き物たちと一緒に冬眠しております。春になったらどうしようかなと想像を巡らすのがこの季節での写真関係の唯一の楽しみなのですが、今回ようやくオリンパスから待望のEVF内蔵マイクロフォーサーズ機が発表されたので思うところをつらつらと書いてみます。
以下、あくまでわたしの視点から見たE-M5評です。

<良さそうなところ>
・5軸手ブレ補正
これは撮影のほとんどが手持ちマクロであるわたしにとっては非常に魅力的な機能。理屈はよくわかりませんがどうやらマクロ領域でも効果がある方式のようです。レンズ交換式カメラとしては世界初の機能であるようで、どれほどの効果があるものか想像もできませんが期待は出来そうです。
・防塵防滴
悪天候で撮ることはあまりないのですが、雨が降っても撮影を諦める必要がないということは撮影チャンスが増えるということですから悪い話ではありません。
・センサーの性能
これはまだ確定ではありませんが、ネット上でぼちぼち出始めた画像を見ると高感度画質は良さそうです。若干絞ってマクロ撮影をすることが多いので、ISO800あたりが常用できれば撮影の幅が広がります。
・コマンドダイアルが前後のツインダイアルになった
E-P1を見た時の衝撃の一つが、背面に2つコマンドダイアルがあることでした。このカメラをデザインした人はマニュアル撮影をしたことがないのだろうかとすら思いました。それがようやく前後ダイアルになったので一安心です。
・バッテリーグリップの仕様が面白い
個人的にはバッテリーグリップの必要性はあまりないのですが、縦位置グリップの部分を取り外して単なる外付けグリップとして使えるところがアイデア賞ものだと思いました。E-P2まではグリップのデザインを真面目にやるつもりがあるのか疑問に感じていたのですが、E-P3からはグリップも重視されてきたようなのでこれも一安心です。また、本体のグリップ形状に関しても、ミラーレスカメラではファインダーを見ながら構える時はしっかりグリップできてライブビュー撮影の時はある程度手首が柔らかく使えるものが理想ですが、画像で見るかぎりは控えめながらも悪いものではなさそうです。
・各種ボタンがシンプルにまとまっている
大手メーカーの一眼レフであってもボタンがただ単に縦に並べてあるだけとかあちこちにボタンが散らばってしまって何が何やらわからなくなっているものも多いのですが、E-M5のボタンは非常にシンプルかつまとまって配置されているところに好感が持てます。手持ちマクロ撮影はぎりぎりのところで微妙な操作が必要になることも多いので、指の動きが必要最小限で済む配置のボタンはとても助かるのです。
・ファインダーと背面モニターの表示切り替えがアイセンサー式
パナソニックがDMC-G1で始めたこの方式は今では当たり前の機能となりつつありますが、これは非常に便利なものです。ファインダーから背面モニターにシームレスに移れるのはミラーレスカメラならではのメリットです。ちなみにDMC-G3にはその機能がないのですが、これはG3の最大の失敗だと考えています。
・マグネシウムボディ
この辺にはそれほどのこだわりはなくマグネシウムでもアルミパネルでもプラスチックでも木製でも良いのですが、どうせ使うなら金属製の方が多少は気分が良いかなと。

<イマイチだと思ったところ>
・背面モニターがバリアングルではない
これは今回最大の残念ポイントでした。縦位置でローアングルやハイアングルを多用するわたしにとってはバリアングルモニターでないのは致命的と言ってもよいダメージです。これがためにE-M5の購入を断念するかどうかというところです。オリンパスはフォーサーズではバリアングルを採用してきたのでm4/3でも採用すると信じて疑っていなかったわたしにとっては大きな衝撃でした。
・デザインが何故OM?
ノスタルジーにはあまり興味がないわたしにとっては外観上のOMの復刻というのは今ひとつ心に響きません。OMシリーズは一眼レフの中では格好良いカメラだとは思いますが、それを2012年になって復刻する意義も感じられません。決してOMの見た目が嫌いなわけではないので悪いことではないのですが、どうも今回のE-M5は見た目をOMっぽくするためにデザイン上いくつか犠牲になってしまったポイントがあるように思われます。
例えばファインダーとホットシュー周りがミラーレス機としてはかなり上に出っ張ってしまいましたが、これはOMをイメージしたためにこのくらい出っ張っても構わないんじゃないかという判断だったのではないでしょうか。また、背面モニターがバリアングルではないのはパカンと開くモニターがOMの外観にそぐわないと判断されたのではないでしょうか。だとすれば、わたしにとってはデザインの基調がOMであるのはむしろデメリットです。
・モードダイアルが背面から見て左側にある
右側にあればカメラを構えたままで右手の親指で操作できますが、左側にあるとダイアルを操作するだけのためにどちらかの手をいったん離さなければなりません。何かの操作のために構えを崩さなければならないというのはギリギリの撮影をしている時には非常に大きなデメリットとなります。これもE-P2まではモードダイアルの意義がよくわかっていないのではないかというデザインだったのがE-P3でようやく改善されたのに、また逆戻りしてしまいました。これは背面のコマンドダイアルを十字キーの位置に持ってくれば解決できる問題なので、次機種では普通の位置に持ってきて欲しいものです。
・ファインダー倍率が小さい
小さいとは言っても1.15倍とフォーサーズのフラッグシップであるE-5と同じなので十分だという見方もできますが、同じマイクロフォーサーズのDMC-GH2では1.42倍といわゆるフルサイズ一眼レフ並の大きさがあります。ファインダー部の体積が小さくても大きな視野を得られるのがミラーレスのメリットですから、EVF内蔵機ではそのメリットをフルに活かして欲しかったところです。

普通にスナップカメラとして見れば面白いカメラだと思いますが、わたしの用途だとどうしても厳しめに見ざるを得ません。画像やスペックを見ただけの段階ですが、現時点の感想では使えるか使いないか微妙なところかなと。
いろいろと書きましたが、後は実機が出るのを待って実物をいじり倒した上で購入するかどうかを改めて検討したいと思います。

Posted on 2012/02/13 Mon. 22:05 [edit]

thread: デジカメ

janre 写真

tag: カメラ  マイクロフォーサーズ 

めちゃくちゃすごいモノ。 

Flower
(camera: Panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

前回の記事を書いた時からずっとスティーブ・ジョブズ氏(以下、敬称略)のことが頭から離れないのですが、せっかくなのでジョブズとマイクロフォーサーズを半ば無理やり関連付けて考えてみたいと思います。ついでにわたしの好きな(ジョブズも好きだった)ビートルズも絡めて考えてみます。

マイクロフォーサーズ、スティーブ・ジョブズ、ビートルズ、この3者はそれぞれまったく別のものに見えますが、共通しているのはそれぞれの分野で強烈なイノベーターであるということです。ジョブズは「人々は自分の欲しいものが何なのか見せるまでわからないものだ」と言っていましたが、こういう姿勢がイノベーターには共通しています。

ビートルズ以前には彼らが作ったような音楽は存在しませんでしたし、そういう音楽が聴きたいと思っていた人はおそらく皆無だったでしょう。彼らが"A Day In The Life"という曲を創り上げた時、それを聴いた金儲けしか考えていなかったレコード会社の社長が椅子から立ち上がれなかったという話があります。あらゆる音楽を耳にしていたであろうレコード会社の社長すら圧倒するほどの衝撃的な曲だったのです。
また、AppleがMacintoshを出すまでは、GUIで操作するオールインワンのパーソナルコンピューターというものを想像する人は皆無だったでしょう。iPhoneが出るまでは、ほぼ完全にタッチパネルで操作する正面のボタンが一つしかない電話を想像する人もいなかったでしょう。
規模こそ違いますが、マイクロフォーサーズにも同じことが言えるのです。

マイクロフォーサーズが出てくる前も、デジタル一眼レフをもっと小型化するべきだとかレンズ交換式のコンデジを作るべきだという声はありました。が、DMC-G1のようなボディを想像していた人はおそらくいなかったと思います。わたしも初めてG1の発表を目にした時は、その真価がわからずにパナソニックはレンズ交換式のネオ一眼を作ったのだと思いました。何と馬鹿で無駄な事をしたのだろうと。
ところが、実物を手にしてわたしの印象は一変します。これは今までわたしが知っていたカメラとは全然違うものだと。信じられないほど高速なコントラストAF、見たこともない視野が大きく高精細なEVF、リアルタイム収差補正、どれも頭がクラクラするほどの衝撃でした。その後のレンズ展開も、7-14mmといった強烈な超広角ズーム、パンケーキレンズとしては驚異的な性能の20mm/F1.7など我が目を疑うような非常識的展開(もちろん褒め言葉です)。

それ以降各社がミラーレスに参入してきましたが、個人的にはそれらにはどうにもイノベーションを感じられないのです。
いかにもありがちな一眼レフに遠慮したサブ用途のボディや趣味性に走ったボディなど、その辺の人が普通に欲しがるであろうカメラばかりで、カメラシステムそのものを次のステージに持って行こうというような気概が感じられません。もちろん普通の人が普通に欲しがるカメラはあって良いですし現実的には必要なものでもありますが、ビートルズやジョブズの信奉者であるわたしにとってはどうにも物足りないと感じてしまうところもあるのです。ミラーレスはそれだけじゃダメなんだと。

イノベーションといっても何でもかんでも新しければ良いというものではありませんし、驚きがあれば良いというものでもありません。が、ミラーレスはカメラと写真の世界を更なる高みに持ちあげてくれるポテンシャルがある分野だとわたしは確信しています。

ビートルズやスティーブ・ジョブズは自分たちの分野で新しい世界を創り出し、結果的に世界を変えました。写真の世界も同じように次のステージに移るべき時期が来たと思っています。各カメラメーカーにはそういう気概を持ったカメラシステムを作って欲しいと願います。

Posted on 2011/11/15 Tue. 13:43 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

これからのマイクロフォーサーズ その2。 

Dandelion
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

PENTAX Qの登場で、いわゆるミラーレスカメラもなかなかバリエーションの富んだ賑わいを見せてきました。
面白いのは、同じミラーレスであっても各社それぞれのミラーレス観があり方向性が異なるということです。一眼レフが多少の違いはあっても似たり寄ったりのものになりやすいのと対照的にミラーレスカメラに個性的なモデルが多いのは、自由度が高いというミラーレスの側面の一つを象徴しているものと思われます。

そのなかでマイクロフォーサーズがこれから進む道はどういうものなのか。
前々回でも少し触れましたが、マイクロフォーサーズの他社との大きな違いは、GF3のようにコンデジに近い極めてコンパクトなモデルからGH2のようにファインダーとフル可動の背面液晶を持ついわゆる全部入りまでボディのバリエーションに富んでいることです。
また、レンズのバリエーションもマイクロフォーサーズは群を抜いています。ダブルズームやパンケーキレンズはもちろんのこと、超広角、超望遠、マクロ、魚眼、3Dレンズ、そして今度出る25mm/F1.4、12mm /F2.0、45mm/F1.8といった単焦点レンズ群。
これはいったい何を意味するのか。

これらの存在は、マイクロフォーサーズは完全なレンズ交換式システムで行こうという意志の現れでしょう。単なるサブシステムとか標準ズームやパンケーキだけでお茶を濁そうとは思っていないのは明白です。

そこに持ってきて今回のGF3やE-PM1といった小型機の登場。そして、条件付きとはいえ一眼レフを超える速度のAF。エプソンと組んだ高性能EVF。
マイクロフォーサーズはぎりぎりコンデジに近いスタイルのボディから一眼レフを超えるスペックの全部入りボディまで、かつて存在しなかった非常に幅広いレンズ交換式システムを作り上げることを最終的な目標にしているのではないでしょうか。今までの流れを見るに、マイクロフォーサーズにはそのような野望があるように思われます。そして、パナソニックとオリンパスの2社があればそのようなシステムは実際に構築可能と思われます。

ミラーレスはコンデジと一眼レフの隙間を埋めるためのニッチな存在と思われてきましたが、少なくともマイクロフォーサーズはそれ以上の存在になる可能性が現実的に十分に考えられるのではないでしょうか。

Posted on 2011/07/01 Fri. 15:15 [edit]

tag: ひとりごと  マイクロフォーサーズ  カメラ 

これからのマイクロフォーサーズ。 

Swallowtail butterfly
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)
View Large

先日、パナソニックから第三世代のマイクロフォーサーズ機であるDMC-GF3とG3が発表されました。
今回のポイントは小型軽量化。GFシリーズもGシリーズももともと小さいボディでしたが、それぞれ前機種よりもさらに小型化を追求したモデルとなりました。

G3の小型化に関しては概ね好評のようです。前機種からは電子ファインダーと背面液晶の表示を自動的に切り替えるアイセンサーが省略され、AFモードやドライブモードを切り替えるレバーやダイアルも省略されましたが、前機種よりは25%の体積減少とのことで小型化に関してはかなり努力した跡が見受けられます。逆に考えればこれまでのようにエントリークラスのボディでAFモードやドライブモードを切り替えられるレバーがついている方が異端とも言えますから、ある意味ではいわゆる正常進化ということにもなるのでしょう。

GF3は賛否両論のようですが、GF1ユーザーからは概ね不評のようです。不評の元はGF2からですがモードダイアルが省略されたこと、スクエアデザインからラウンドデザインに変更されたことでしょう。これはGF3の方向性を考えれば仕方がないとも言えますが、GF1ユーザーにとっては許容範囲外の変更なのでしょう。GF1ユーザーの中にはむしろG3の方を正当な後継機と考える人もいるようですが、GF1を完全に気に入っている人にとってはG3もGF3も何か違うと感じられるのは無理もありません。
逆に、小型ミラーレス機の新規購入を検討している人やとにかく小さいサブカメラが欲しいという人にとっては従来機よりも魅力的に感じられるカメラでしょう。モードダイアルがなくてもタッチパネルがあればある程度の操作性は保証できるでしょうし、この手の小型カメラではホットシューを使う撮影はしない人も多いでしょうから、携帯性最重視のカメラとして考えれば悪いものではないと思われます。

第三世代機はどちらかというと新規ユーザー獲得や従来機ではちょっと大きいと感じていたユーザーを狙ったモデルで、従来機の路線をそのまま受け継いで欲しいというユーザーの買い替え需要はほとんど念頭にないように見えます。
今後ハイアマ向けの新しいラインが追加されるとの噂がありますが、もしそれが本当だとしたらそれはGF1やG1に飛びついたハイアマ層の選ぶべきモデルになるのでしょう。全部入りのフラッグシップとしてはすでにGHシリーズがありますが、それとはまた違った路線であろう全部入りではないハイアマ向けボディとはいかなるものなのか、パナソニックのお手並み拝見といったところでしょうか。

省けるものは思い切って省いて小型軽量化をとことん追求したGF3、いわゆる全部入りながら出来る限りの小型化を追求したG3、一眼レフと比べれば小さいが各種機能を盛り沢山にしたGH2、小粒ながらもツボを抑えた機能を盛り込むであろう謎のハイアマ機、とマイクロフォーサーズにも役者が揃ってきました。
パナソニックは実に用意周到に、まずはミラーレスとは単に小さく軽いものではなく次世代のレンズ交換式システムを担うポテンシャルがある新時代の規格であることをG/GHシリーズで示した上で、やろうと思えばここまで小さくできるのだということをGF3で示してきました。一眼レフを超えるAF速度を追求したりフルサイズ並みのファインダー倍率を誇る電子ファインダーを搭載したりする一方で、省略できるものはギリギリまで省略して小型軽量化をとことん追求するボディを出すという2正面作戦。既存の常識に縛られない新しい時代のカメラを作るのだという強い意志と気概が伝わってきます。
ここから先マイクロフォーサーズが進む道はどういうものなのか、個人的には期待半分不安半分といったところですがミラーレスに期待する者の一人として見守っていきたいと思います。

Posted on 2011/06/20 Mon. 16:23 [edit]

tag: ひとりごと  写真  マイクロフォーサーズ  カメラ 

カメラはびっくり箱? 

Mahlzeit
(camera: panasonic LUMIX DMC-G1 lens:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8)

カメラに限らず、新製品が出る時はワクワクするものです。特にそれが思い入れのある分野であればなおさらです。そのように感じるのはとても健全で楽しいものだと思います。
ところが、どうもデジタル一眼の分野に関してはそうとばかりも言えないような人たちをよく見かけるような気がします。

曰く、「サプライズが必要だ」
曰く、「正常進化が必要だ」
曰く、「こんな体たらくでは××には勝てない」
、などなど・・・

カメラは新製品が出たらその度にビックリ仰天しなければならないびっくり箱なのでしょうか。

正常進化って何なのでしょうか。何が正常で何が異常なのでしょうか。ほんの少し前まで、ライブビューや動画や可動液晶は邪道扱いされていました。ところが今やあって当たり前の機能になりつつあります。これは正常進化なのでしょうか、それとも異常進化なのでしょうか。

メーカーは商売ですから、もちろん商売敵とは戦わなければなりません。しかしながら、ユーザーがその代理戦争を買って出る必要があるのでしょうか。
(もっとも、こんなことは今に始まったことではなく、例えば1936年にアサヒカメラに載ったライカとコンタックスの比較記事がきっかけでどちらが良いカメラなのか大論争が起こったそうです)

わたしの認識では、カメラとは自分が撮りたい写真を撮るための道具です。びっくり箱でもなければ、進化論を語るための教材でもなく、何かと戦うための武器でもありません。万人を満足させられる万能のカメラなどというものは現実には存在しませんから、自分が撮りたい写真のために必要とする機能を持つボディとレンズを選ぶだけの話です。

もちろん、カメラにびっくりさせられることを期待したり進化の正当性を議論したり仮想敵と戦ったりするのもそれはそれで一つの楽しみ方ですから、そのこと自体は否定するつもりはありません。楽しみ方は人それぞれで、他人がとやかく言うようなことではありません。
ただ、そういうことに終始しているような人たちはそれを楽しんでいるようには見えないことが多いように思います。仕事でやっているわけでもないのだから楽しくないならさっさとやめれば良いのに、とも思います。余計なお世話かもしれませんが・・・

Posted on 2010/09/03 Fri. 22:20 [edit]

tag: ひとりごと  写真  カメラ 

プロフィール

最新コメント

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。